fbpx

北朝鮮の新女帝・金与正が失踪?金正恩委員長に第4子誕生の噂も=浜田和幸

安倍首相が辞意を表明し、北朝鮮の日本人拉致問題は一向に進展が見えない。そんな中、日本文化に精通する金与正(キム・ヨジョン)が兄の金正恩委員長に代わって政権を握るのではないかと言われてきた。しかし、そんな彼女は今、こつ然と姿を消してしまっている。(浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』浜田和幸)

※本記事は有料メルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』2020年9月4日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

プロフィール:浜田和幸(はまだ かずゆき)
国際政治経済学者。前参議院議員。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。『ヘッジファンド』『未来ビジネスを読む』等のベストセラー作家。総務大臣政務官、外務大臣政務官、2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会委員、米戦略国際問題研究所主任研究員、米議会調査局コンサルタントを歴任。日本では数少ないフューチャリスト(未来予測家)としても知られる。

拉致被害者の救出、叶わず

辞任を表明した安倍首相の心残りの最大のものは「日本人拉致被害者の救出が叶わなかったこと」であろう。

北朝鮮の金正恩委員長と3度の首脳会談を行ったトランプ大統領に、その都度、橋渡しを頼んだ安倍首相であった。

とはいえ、北朝鮮に拘束されていたアメリカ人の釈放には本気で取り組み、見事に取り返したトランプ大統領であったが、安倍首相からの頼みは「聞き置く」に留めたようだ。

安倍首相もトランプ頼みの限界には気付いていたはずで、「条件抜きで、金委員長と会う用意がある」と繰り返していた。

しかし、金委員長に日本との関係改善の重要性を納得させる働きかけは思うに任せなかった。

日本アニメの大ファン「金与正」の影響力

そんな中、北朝鮮では金委員長の健康不安説が浮上し、身内である妹の金与正(キム・ヨジョン)の影響力の拡大が注目を集めるようになった。

状況次第で「兄に代わって政権の中枢の座に就くのでは」との見方も広がったほどだ。

確かに、韓国やアメリカを批判する声明が彼女の名前で発出されるなど、その存在感が際立ってきていた。

しかも、幼い頃から日本のアニメの大ファンで、「セーラームーン」などを通じて日本語も学んだといわれる金与正である。

彼女が北朝鮮の対外政策を動かすようになれば、日本人拉致問題の解決、日朝関係の前進にも光明が見られるようになるのではないか、との期待も出てきた。

そんな矢先、7月27日を最後に、彼女の姿が一切消えてしまった。

Next: 金与正はどこに消えた?金委員長に4人目の子どもが産まれるとの情報も

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー