【会津磐梯山】4Kドローンくんが今度は、黄金色に輝く稲穂を空撮!

2015.10.08
35
by kousei_saho
151008drone2
 

y7gRPZ

 

前回、世界で初めて富士山頂からのドローン4K空撮に成功したという記事がFacebook、Twitterで大きな反響を呼びました。そんな4Kドローンくんが、今度は会津の磐梯山に遠征。震災から5年が経とうとしている福島県の猪苗代湖のほとりで、これまた息をのむほど美しい田園風景を捉えています。

黄金の稲穂を求めて、会津磐梯山に

会津の磐梯山をバックに、金色に輝く稲穂の撮影をしたいとこの1年ずっと思っていました。昨年は出足が遅く残念ながら稲穂は刈り取られた後でした。今年は早めから計画をたてて天気予報も入念にチェックし、念願の「磐梯山」と「稲穂」に出会う旅に出発しました。

磐梯山と猪苗代湖

「会津磐梯山は~」の歌でおなじみの磐梯山は、福島を代表するシンボルの1つ。猪苗代湖の北にそびえる活火山で、福島県の猪苗代町、磐梯町、北塩原村にまたがっています。日本の百名山のひとつで、2011年には日本ジオパークにも認定された山です。

002

磐梯山の南に広がる猪苗代湖は、日本で4番目に広い湖で、水質検査では4年連続で湖沼中で日本一になっている、大変綺麗な湖なのだそうです。この「猪苗代湖」の名称にある「苗代」は、田植えまでの間の稲の苗(なえ)を育てる田のことです。昔この地域では猪を使って稲の耕作をさせていたことがあると伝えられており、そのためこの名がついたという説があります。

003

004

東日本大震災から早5年が経とうとしている福島県、たどり着いた猪苗代湖のほとり。その稲田はたわわに実った重い頭を垂れて夕日を受けて豊かにたなびいていました。輝く稲穂は本当に息をのむほど美しかったです。

005

006

黄金色に輝く稲田の風景をドローン空撮しました。遠くそびえる磐梯山と、光る猪苗代湖もカメラに収めました。豊かな秋の実りをぜひ堪能ください。

 

今回使用したドローンと価格、詳細はこれ!

007

4Kカメラ搭載 Inspire1(DJI)

カーボン製フレーム採用。4Kカメラ搭載で1200万画素の静止画、毎秒30フレームの4K動画を撮影可能。iPadminiなどのタブレットを使用してリアルタイムにモニタリングしながら操縦することができる。インテリジェントパワーマネジメントシステム搭載で飛行中の電池残量を計算し、残りのフライト時間を計算。価格は38万3400円。

取材・文/クレセントエルデザイン

print

  • 【会津磐梯山】4Kドローンくんが今度は、黄金色に輝く稲穂を空撮!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け