海外旅行で腹を下しやすい3大「高リスク地域」は?現役医師が教えます

shutterstock_353522651 copy
 

大好評をいただいた「海外旅行で腹を下さないための予防策、医師がコッソリ教えます」に続き、今回のメルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』では、下痢になりやすい「世界3大高リスク地域」を大公開。さらに、高級ホテルと普通のホテルで比べた「食中毒の危険度」の違いなど、これから海外旅行に行く人が知っておきたい情報が満載です。

世界3大渡航下痢地域

旅行者の約半数は下痢を経験します。下痢は1日に3回以上の軟便または水様便をきたすことです。たいていは軽く済みますが、時には重症化したり2週間以上続いたりすることもあります。旅行中の下痢はせっかくの旅行のプランを台無しにして、楽しかったはずの旅行が苦しかった経験となってしまうこともありますので、下痢をきたさないように予防に努めることは重要です。

海外旅行中の下痢では、「世界3大高リスク地域」というのがあります。南または東南アジア中央アメリカ、そして北および西アフリカです。また、ビジネス目的よりレジャー目的、そしてクルーズ旅行(豪華客船の旅)の場合にも下痢のリスクが高まります。クルーズ旅行では、ノロウイルスなどのグルメ系貝類摂取の下痢のアウトブレイクがときどきみられます。貝類以外には、サラダや生肉の摂取で下痢の危険性が高まります。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 海外旅行で腹を下しやすい3大「高リスク地域」は?現役医師が教えます
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい