海外旅行で腹を下しやすい3大「高リスク地域」は?現役医師が教えます

 

渡航者下痢症の原因

下痢の原因の多くは細菌性とウイルス性です。軽症患者の場合には、便培養検査などが行われないことが多く、そのまま治癒して、原因は特定されないことが多いです。2週間以上持続する(慢性)下痢では、寄生虫によるものが増えてきます。

また、メキシコでかかる慢性下痢で最近注目されているのはシクロスポラという寄生虫(原虫)です。メキシコの有名リゾート地であるカンクーンなどに行くときでも高リスクメニューには注意しましょう。インドやタイパキスタンへの渡航で多い下痢の原因はカンピロバクターという細菌です。

文献
Barrett J, Brown M. Travellers’ diarrhoea. BMJ. 2016 Apr 19;353:i1937.

image by: Jamesbox / Shutterstock.com

 

ドクター徳田安春の最新健康医学
世界最新の健康医学情報について、総合診療医師ドクター徳田安春がわかりやすく解説します。生活習慣病を予防するために健康生活スタイルを実行したい方や病気を克服したいという方へおすすめします。
<<登録はこちら>>

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 海外旅行で腹を下しやすい3大「高リスク地域」は?現役医師が教えます
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい