連休中もインフルエンザに注意。医師推奨の本当に有効な対策は?

shutterstock_455464675
 

暖かくなって、もう驚異も去ったと思っていたインフルエンザB型に、再流行の兆しがあると各報道機関が伝えています。10連休の真っ只中で、休診の医療機関も多く、罹患が疑われる場合、どうしたらいいのでしょうか? メルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』の著者で現役医師の徳田先生は、症状が特別ひどくなければ、自己診断で問題なく、外に出かけなければ良いだけとのこと。体調に問題ない人も、連休中人混みに出る際は、マスクや手洗いなどの自衛をお忘れなく。

新型インフルエンザ・パンデミック

世界保健機関は、人類に対する健康教育の1つに新型インフルエンザのパンデミックも挙げています。国内での感染症の大規模流行のことをエピデミックと呼びます。さらには地球全体に広がることをパンデミックと呼びます。日本では毎年冬にインフルエンザが流行しており、医療機関はエピデミックになんとか対応できています。 しかし、パンデミックを起こしたときの対応は全く別です。フリーアクセスを利点とする日本の医療システムですが、新型インフルエンザのパンデミックが起こったとき、大量の患者が押し寄せるであろう医療機関のレジリエンスが試されます。医療機関には定期的な訓練が必要です。 新型インフルエンザのパンデミックは将来必ず起こる、と予想されています。問題は、それがいつかわからないこと、そしてそれがどの程度重症のインフルエンザになるかわからないこと、の2つです。約100年前に流行したその当時の新型インフルエンザであったスペイン風邪で、世界中で何千万人もの人々が死亡しました。

インフルエンザ対策

インフルエンザについて世界保健機関では、診断、ワクチンによる予防、治療についてのアドバイスを行っております。また、世界150カ国以上のラボで継続的にウイルスのモニタリングをしています。新型インフルエンザが流行したときに迅速に対応することが出来るようにしているのです。

日本の医療機関でインフルエンザの診断検査としてよく用いられる鼻汁抗原検査は私はあまりおすすめしません。検査の感度が低く、偽陰性すなわち検査による見逃しが非常に多いからです。こんなに正確度が低い検査が日常の診療でこれほどよく用いられるていることが不思議でなりません。

通常の軽症インフルエンザは症状で自己診断してよいと考えます。待合室で長く待たされたり、受診料を払ったりなど、わざわざ医療機関を受診することによる過剰な負担は避けた方が良いでしょう。会社や学校は、医療機関で鼻汁検査を受けるように、と命じないようにしてほしいものです。風邪でもインフルエンザでも、職場や学校で他の人に移す可能性があるわけですから、仕事や学校は休めば良いのです。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 連休中もインフルエンザに注意。医師推奨の本当に有効な対策は?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい