露天風呂、野天風呂、野湯の違いは?元旅行誌編集長に聞いてみた

shutterstock_506492179
 

開放的な温泉が気持ちのいい季節になりました。ところで、屋外の温泉には、「露天風呂」「野天風呂」「野湯」などの名前がついていますが、はっきりとした違い、定義はあるのでしょうか?そんな質問が、メルマガ『『温泉失格』著者がホンネを明かす~飯塚玲児の“一湯”両断!』の読者から届きました。旅行誌編集者時代に、それらの言葉の違いを調べたことがあるという飯塚さんが、個人的な定義を披露。異論も歓迎し、温泉談義のネタとしてオススメしています。

露天風呂と野天風呂、野湯の違いは?

先週、常連読者の「こたヤンさん」から以下のようなメールが届いた。

飯塚さん今晩は!

先日、GWに初めて野湯デビューと送りましたが~~、まだ温泉好きだったけど、それ程勉強もせず詳しくない20年ほど前、石川県の旧白山スーパー林道、白山白川ホワイトロード沿いの親谷の湯に入った事有りましたー!

ま、一応あそこは当時も今も?清掃などの管理はされている?

と思いますが、GWは自分で湯船を作るタイプでしたので、そういう管理されてない野湯と言う意味では初めてでしたが。 

と、メールついでに質モーン! 

「野湯」とは如何に? 

何かしらの定義のようなものは有るのでしょうか?露天風呂、野天湯、野天風呂、野湯などなど色々な呼び方があると思いますが、それぞれの呼び方の違いによる定義的なものはありますかー?(京都・こたヤンさん)

こたヤンさん、メールありがとうございます。

さてこの言葉の違い、大昔、まだ旅雑誌の編集部にいたときに調べたことがあります。が、結局同じもの、ということに決着したことを覚えています。

今回再び、まず「露天」の意味を調べてみると、『デジタル大辞泉』では「屋根がなく、あらわになっているところ。野天」。『大辞林』では「屋根の無いところ。野外。野天」となっています。

「露天風呂」を『デジタル大辞林』で調べても、「野外にあって、屋根や囲いを設けない風呂。野天風呂」となっております。つまり「広義の意味では」この二つは同じもので、名付けている人や宿によって変わっているだけ、と言えると思います。

が、編集部時代に箱根町観光協会の事務局長が僕に示した見解では、「露天風呂は外にあればなんでもいいけど、東屋風のものでも屋根が載っているものは野天風呂とは言わない。これは露天風呂であって、野天風呂は天、つまり空が抜けているお風呂だと考える」とのことでありました。なかなか納得のいく説明、捉え方のようにも思います。

ちなみにウィキペディアでは「露天風呂」の解説は以下の通りです。

「露天風呂 by ウィキペディア」

このウィキのページに載っている写真が南紀勝浦の『ホテル中ノ島』の露天風呂というのが、結構わかりやすいわけですが、このお風呂は「野天風呂」と呼んでもしっくり来る気がします。

一方で、別府観海寺の『ホテル杉乃井』の「棚湯」は、どうも「野天」という言葉がしっくりこない気がするのは僕だけでしょうか?やはり「野天」は、「露天」よりも、よりワイルドなイメージを受けます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 露天風呂、野天風呂、野湯の違いは?元旅行誌編集長に聞いてみた
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい