もはや脅迫。大阪市立小の校長がいじめ被害保護者に吐いた大暴言

shutterstock_1728222724
 

先日、大阪市此花区の市立小学校で起きていた女子児童に対する凄惨ないじめ事件が明らかとなり、学校側の被害者家族に対する暴言や脅迫、さらには問題の隠蔽に走ったとしか思えぬ対応に多数の批判の声が上がっています。今回のメルマガ『伝説の探偵』では現役探偵でこれまで数々のいじめ事件を解決に導いてきた阿部泰尚(あべ・ひろたか)さんが、当案件に関する「事実」を詳細に記すとともに、大阪市だけでなく全国の自治体で繰り返されている、いじめへの悪質な対応を厳しく批判しています。

メルマガのご登録により阿部さんの活動を支援することができます

 

大阪市小学生いじめ暴行事件と行政のねつ造会議記録

大阪市此花区の小学校で小学2年生の女子児童が男子児童から暴力いじめを受けていたことが明らかになった。

すでに一部報道されている。その中では、攻撃的な暴力いじめをおよそ1年間にわたって続けていた悪質性が取り上げられ、学校が全く対応をしなかったことが明らかになっているが、取り巻く環境はそれに輪をかけて酷いものであった。

いじめの内容

小学2年生のAさん(被害児童)へのいじめは1年生のころから始まっていた。

中心的な加害行為を繰り返していたB君は、暴力の他、「アホ・ハゲ・ブス・うんこ・クソジジイ」などの暴言をAさんに浴びせ続けていた。周囲で同調する児童もおり、日増しに激しい暴言や暴力が行われたのだ。

あまりに暴力暴言が多いため代表的なものを箇条書きにすると

  • 帽子や水筒を隠す
  • 着替え中に服などでバンバンと叩く
  • 置き去りにする
  • 顔面をたたくなどする
  • 不意につねる。(顔や背中など傷跡が残るほど強く)
  • 遊具の前で押し怪我をさせようとする
  • 危険な場所の前で突き飛ばす

その他にもあり枚挙にいとまがない。

「安心、安全な学校です。暴力で不登校になるなどあり得ないし、理由もなく休ませるとご両親が困ったことになるのではないですか?」

これは、学校長と教頭、学級担任が、Aさんが学校に行くのが辛くなってから、保護者に投げかけた言葉だ。

簡単に翻訳すれば、「いじめは認めない。いじめをでっちあげて学校に来させないのであれば、児童虐待があるとして学校から通報しますよ」ということである。

これは脅し以外の何物でもない。

さらに、それ以前。

廊下でB君から激しい暴力を顔面に受けていたAさんを放置し、Aさんの保護者には、「廊下で、一人でこけたようです。これに男子児童は関わっていません」と目撃したのにもかかわらず、隠ぺいを図ろうとしたのである。

その後、隠し切れなくなった学校は、アンケートを実施した。このアンケートも意図的にいじめの報告が難しいように工夫されたものであったが、過半数以上の児童が「いじめはあった、目撃した」と回答し、さらには、このいじめ行為を何度も止めていた児童もいたことがわかったのである。

一方、加害行為の中心であったB君の保護者は、「うちの子は何も悪くない」と宣言する始末であった。どうしても暴力行為がやまないB君が別室登校となれば、「Aさんのせいで、うちの子が教室に入れさせてもらえない」と周囲の保護者に言いふらしたのである。

もちろん、謝罪も拒否した。

上級生らによれば、「Bは男でも女でも叩く子」というイメージであった。つまり、学校内では有名な話であり、Bの暴力は特に物理的に攻撃をできないようにしない限り、一時的にも安全の確保はできなかったのである。

一方で教職員らはこの暴力を放置した実績があり、学校長に至ってはAさん保護者に、何の改善もされぬままのB君を教室に戻すように圧力をかけ続けた。

B君は実際、周囲の友人らに「Aさんが許してくれないから教室に戻れない」と言いふらして回った。もはや、自分は悪くなくて、許してくれないAさんが悪いのだといわんばかりである。さらに、これに教員も乗っかり、「B君をクラスに戻したいが、Aさんが許さないから戻せない」としたのである。

そもそも論でいえば、学校がきちんとした早期対処をしていれば、ここまで深刻な問題にはならなかったはずであり、Aさんは長期間酷い暴力暴言を受け続けたせいで、一時は目が見えない状況まで追い詰められているのである。

この状況は許す許さない以前の問題であり、これを交通整理し正していくのが学校の役割である。

であるにもかかわらず、 B君が別室となったのは、Aさんに対する暴力が原因ではなく、Aさんが訴え出たことでB君が別室となったというすり替えが行われたのである。

結果、B君はB君保護者の意向で転校することになる。

しかし、B君の母親は、転校のあいさつと称し、クラスメイトの家を回ってAさんに追い出されたと被害者面をして勝手な創作話を流し続けたのである。

時には、下校する児童を尾行して家に訪問したり、職場のみわかる保護者には職場に待ち伏せて帰宅するまで、そうした話をして回ったのだ。

メルマガのご登録により阿部さんの活動を支援することができます

 

print

  • もはや脅迫。大阪市立小の校長がいじめ被害保護者に吐いた大暴言
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け