【キャラ弁】自分を犠牲にして雑菌山盛りのお弁当を作る日本人の心理

めいろま© komachi_1111 - Fotolia.com
 

キャラ弁があぶり出す日本人の心理

『谷本真由美(@May_Roma)の「週刊めいろま」』 036号より一部抜粋

日本では自分の娘さんに3年間ものあいだ、「嫌がらせ弁当」なるキャラ弁を作っていたお母様が本を出版され、テレビでも取り上げられた様です。

ワタクシは以前からこれをネットで知っていましたが、それが日本のテレビでは美談になってしまう現象が「ああ、凄く日本的だなあ」と感じました。

その理由は、まず、昼食に過剰なまでの労力と時間を裂くのが「素晴らしい」と思う人が多いことです。キャラ弁は作る人の手間暇が大変です。お弁当を前夜に作らなければならないので、朝早くから作業をしなければなりません。しかし、仕事をしている人や、商売をやっている人であれば、朝からそんな作業をする時間はありませんので、睡眠時間や朝ゆっくりする時間を削ることになります。

お昼ご飯は空腹を満たすためのものですし、日本には安価に外食できる店や商店が大量にあります。西欧州に比べたらその値段は半分以下で、都内や日本の県庁所在地なんて、店の数も、ロンドンやパリの様な都会に比べたって膨大なのです。作る人が大変な思いをする替わりに買う、という論理的な思考がないのが大変日本的です。

次に、キャラ弁当は高温多湿な日本では決して安全な食事ではありません。見た目は素晴らしいですが、家庭で素人がこねくり回した白米や海苔は決して清潔なものではありません。梅干しやらお酢やら入れても無駄です。日本は高温多湿なので、本来なら果物などは腐らない様にきらないで丸ごと学校や職場に持って行ったり、白米やオニギリは、こねくり回さない方が雑菌が繁殖しません。

第三に、キャラ弁は見た目のために栄養価を無視している点です。多くが装飾のために白米を大量に使い、野菜やタンパク質が足りません。タンパク質に至っては、冷凍の唐揚げやウインナーがほんの少々入っているだけです。白米は炭水化物ですから、成長期の人には十分な栄養ではありません。これはキャラ弁当に限らず、日本の外食の多くに共通することです。

日本人は糖尿病になりやすい遺伝子を抱えています。欧州や北米の医師は人種別の病気をよく研究しているので、日本人の糖尿病のなりやすさも良く知っています。日本人以外の東洋人やインド人も糖尿病になりやすいのです。

そういう因子を持っているし、昔に比べたら若い人も年寄りも活動料が減っています。炭水化物の取り過ぎには注意すべきなのですが、論理的に考えない人が多いわけです。これもまた日本的です。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【キャラ弁】自分を犠牲にして雑菌山盛りのお弁当を作る日本人の心理
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい