fbpx

なぜ趣味の世界だったトレーディングカードやコインが投資対象に?金融商品化が進む実物資産=田中徹郎

コインだけじゃない実物資産の金融商品化

これはコインだけのお話ではありません。

僕は先に挙げた実物資産のなかでもコインは最も金融資産化が進んでいると思いますが、腕時計やウイスキー、ワインなどを対象にしたオークションも近年増えてきたように思います。

グレーディングという点ではコインに比べ出遅れてはいますが、ウイスキーや腕時計も、そのうち鑑定会社による鑑定/格付けが一般的になるに違いありません。

すでにトレーディング・カードやディズニーのヴィンテージ原画、時代性のあるアニメ本などは、アメリカの大手鑑定会社CGC社による鑑定が一般化しつつあります。

近い将来コインに続き、腕時計やウイスキー、ワインなど他の実物資産も、金融商品化が進むのではないでしょうか。AIやITの進化によって鑑定技術は向上するでしょうし、ネットの大容量化によって売買もさらに容易になると僕は思います。

外部環境を見ても、危機の度に紙幣が大量に印刷される構図に変化があるとは僕には思えません。

このようなことから実物資産投資は「オルタナティブ投資(代替投資)」として定着すると思いますし、市場規模もさらに拡大するのではないでしょうか。

【関連】ビットコイン急落で韓国の若者らが借金地獄に。無謀な投機の裏に損失回避バイアス=栫井駿介

【関連】金相場は再び上昇、2000ドル回復は目前か。今から買いたい投資家に有効な戦略は?=江守哲

【関連】副業の勝ち組は「節税」で儲ける。サラリーマンの特権をフル活用する3つの方法=俣野成敏

image by:Triff / Shutterstock.com
1 2 3

一緒に歩もう!小富豪への道』(2021年7月8日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

一緒に歩もう!小富豪への道

[無料 毎週火曜日+号外あり]
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー