fbpx

年明け早々、食品の値上げラッシュへ。家計ダメージの計算方法は?物価高を節約チャンスに変える方法=牧野寿和

物価上昇は家計見直しのチャンス

小売価格が上昇するこの機会に、家計支出を見直して、毎月の支出額を昨年と同じ程度にするために、無駄にお金を使わないことを考えてもいいかもしれません。

無駄にお金を使わなければ、節約につながります。しかし、「無駄使い」の考え方は、その人ごとに違います。

たとえば、パチンコが趣味の夫、小さな財布を買って集めるのが趣味の妻、といった夫婦がいたとします。この夫婦は、お互いの趣味のために、同額のお金を使っていたとします。

家計の節約のために、「毎月の趣味に使うお金を一律半額にしよう!」と夫婦で決めたとしても、実行するのは難しいかもしれません。

夫のパチンコは、支出に対して、不確実な収入も期待できるギャンブルをしている。妻の小物集めも、販売して収入を得ることができるくらい価値ある小物を買っている。

このようにお互いが違う価値観を持っていると、夫婦ともに無駄使いをやめることは、結構、難しいものです。

客観的なデータが必要

上記の夫婦の場合、家計が苦しくなっても、すぐにいくら生活にまわせばいいのか、いくら節約すればいいのか、具体的な金額がわからないことがあります。

そこで、日頃から、家計収支の客観的な数値を把握しておくことが大事です。

その資料として、有効なのが「家計簿」です。

また、「家計簿」を付けなくても、たとえ夫婦がともに収入があっても、家計の「財布」はひとつにしておくことです。

つまり、家計の収支を一元化して、収支や貯蓄の推移を日頃から見やすくしておくことです。

Next: 物価が上がると景気もよくなる!?

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー