fbpx

「仕事つらい。結婚して専業主婦になりたい」30代婚活女子の本音が自殺行為である理由=山本昌義

30代後半の独身女性から「仕事が辛くなったので、結婚して専業主婦になりたい」との相談がありました。若い頃は仕事もプライベートも充実していたが、最近になって専業主婦の友人が羨ましく思え、同じように専業主婦になりたくなったそうです。まずは基本ですが、今のままでは結婚自体が厳しいことを理解しましょう。ひいては、人生を生き抜くことも難しそうです。(『 婚活FP山本の実例分析書 〜運命の出会い、その先を見据えて〜 婚活FP山本の実例分析書 〜運命の出会い、その先を見据えて〜 』山本昌義)

【関連】「専業主婦の妻が働かない…」夫のボヤキが完全に間違っているワケ=山本昌義

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

「仕事が辛くなったので、結婚して専業主婦になりたい」

婚活ファイナンシャル・プランナーとして活動する私のもとに、地方在住の独身女性(30代後半)から、専業主婦になれる年収・結婚についての相談を受けました。

「仕事が辛くなったので、結婚して専業主婦になりたい。でも、婚活で見かけるのは年収の低い男性ばかりです。どうやったら年収の高い男性と結婚できますか?年収いくらなら、専業主婦になれるでしょうか?」とのこと。

当人は年収300万円の会社員で婚活歴は1年。若い頃は仕事もプライベートも充実していたが、最近になって専業主婦の友人が羨ましく思え、同じように専業主婦になりたくなったそうです。

しかし、良さげな男性からは相手にされず、そうでない男性からばかり誘われるとのこと。

久々のわかりやすい専業主婦希望ですね!婚活上も典型的な失敗パターンのようですし、まずは冷静に自身の立ち位置を理解しましょう。

今のままでは結婚自体が厳しい

さて、まずは基本ですが「今のままでは結婚自体が厳しい」。ひいては人生を生き抜くのが厳しいかと……。

まず現状、あなた自身が体験している通り、高年収男性との結婚は厳しいと言えます。そういう男性は、より若い女性を望みますから。

では、低年収男性となら結婚できるかといえば、それはそれで簡単ではない可能性が大です。

男性は自身の年収に関わらず若い女性を求めるか、または共働きで支え合えるパートナーを求めます。若くもなく、労働意欲も乏しい女性は、あらゆる男性から避けられるのが基本です。

そして何より、最近の男性は女性と違って、無理に結婚しようとしなくなりました。

このため、あなたは結婚自体できない可能性が高いといえます。

Next: 人生を完走することも困難か。生涯独り身で生き抜く覚悟を

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー