fbpx

好調の日経平均は来週が見逃せない!SQ値1万9225.43円をキープライスに、さらなる上値追いか?

今週は日経平均株価がついに1万9000円台に乗せました。米国の雇用統計が好調だったことにより利上げがささやかれ一時落ち込む場面も見せましたが、欧州緩和で一気に上昇。さて来週の株価はどうなるのでしょうか?プロの視点を覗いてみましょう。

日経平均は3連騰で15年ぶりの高値水準!一時1万9300円台を回復!

『プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。』より

今週の株式相場は、買い優勢の展開が続いた先週の流れから、月曜日、火曜日に利益確定売りが出たものの、水曜日に買い直されると、木曜日、金曜日と買い進まれており、利益確定売りをこなす動きを見せています。

日経平均株価は、先週末の1万8900円台から、月曜日に1万8800円台割れ、火曜日に1万8700円台割れを余儀なくされたあと、水曜日に1万8700円台を回復。木曜日に1万8900円台、金曜日には1万9200円台まで水準を切り上げてきました。

先週は、利益確定売りに押される場面がありながらも、欧州金融政策確認とともに、過剰流動性相場への期待感やドル高、米国株高を好感した買いで押し上げられていたと思います。

しかし、先週末の米国市場で確認された米雇用統計は市場予想を上回ったものの、利上げ観測の高まりとともに売り優勢の展開に。月曜日には米国株安を嫌気した売りが出ていました。

火 曜日には、外部要因改善とともに見直し買いが先行したものの、戻り売りが重しとなったほか、先物主導で後場から軟化。水曜日には外部要因悪化で売り優勢の 立ち上がりとなったものの、すでに火曜日に先行して調整していたことから、見直し買いを集めるなど、方向感を欠いた展開となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい