fbpx

日本の男性が「家事をしない」本当の理由はコレだった!? ネットで議論に

他の国の人に比べて150分近く多く働いてるから、日本の男性は家事に時間を割けないのでは?

という、先日発信されたツイートが話題を呼んでいる。

【関連】「日本のホワイトカラーは生産性が低い」という都市伝説に騙されるな=児島康孝

発信元は、Twitterユーザーにしてライトノベル作家である、kt60@規格外れ2巻が発売しました(@kt60_60)さん。

まずはこの方が提示するグラフを、ご覧いただきたい。

グラフによると、日本の労働時間は約450時間。恐らくは1ヵ月間の数値であると思われる。
対するOECD加盟国の男性平均労働時間が300時間強であり、ヨーロッパ諸国はそれよりさらに低い数字を記録。

アメリカはちょうど中間といったポジションに位置。韓国は、労働時間については我が国を追いかける形をとり、逆に家事の時間については、韓国男性が日本を抜いてワースト1位となっている。

確かに、このグラフを見る限り、労働時間と家事時間の相関関係はかなり大きいものがありそうだ。

結局のところ、忙しさがすべての元凶なのだろう。

Twitter上での反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】サラリーマンの「一生働かずにすむ金が欲しい」はなぜ危険なのか?=午堂登紀雄

【関連】「ブラック労働」ではない、電通が抱える真のリスクと株の買い時=栫井駿介

【関連】人工知能(AI)革命前夜。私たちが間もなく目にする「天国と地獄」とは=東条雅彦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい