fbpx

人工知能(AI)革命前夜。私たちが間もなく目にする「天国と地獄」とは=東条雅彦

普段、私はほとんどテレビを見ないのですが、とても興味深い番組が連続で放映されていました。

・2017年6月24日(土) TBS報道特集『AI(人工知能)と生きる未来』(30分)
・2017年6月25日(日) NHKスペシャル『人工知能 天使か悪魔か』(50分)

前者の報道特集については、かなり広い範囲にわたってAIの活用シーンを紹介しており、誰が見てもわかりやすい内容になっていました。後者のNHKスペシャルの方は少し上級者向けのように感じました。

「これはありだ」と感じたので、本稿では前者の「報道特集」を中心に取り上げていきます。(『ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』東条雅彦)

果たして人工知能(AI)の発明は「人類最後の発明」になるのか?

人工知能を扱った番組が急増中

AI革命は、2020年代の中盤ぐらいに始まると言われています。そのため、2017年の現在は「AI革命前夜」とも呼べるべき位置にあるのですが、すでにフライング気味にAI革命が始まっているようにも思います。

6月24日と25日、連続で人工知能を扱った番組が放送されました。今後もこういう特集が増えていくることが予想されます。

24日(土)に放送されたTBS報道特集『AI(人工知能)と生きる未来』は、タイトルは「未来」となっていますが、すでに現在進行系の話です。「今、AIを活用したサービスやシステムがどのように利用されているのか?」について、一通り紹介されています。ぜひメルマガ読者さん全員に視聴していただきたい、と思える内容でした。

25日(日)に放送されたNHKスペシャルの方は、NHKらしい人間の生き方や倫理を問うような内容でした。人によっては、こちらの方が面白いと思えるかもしれません。

本稿では、TBS報道特集を中心に、ざっくりと紹介していきます。

【関連】人間はAIに敗れるか?投資の世界に訪れるシンギュラリティ(技術的特異点)=田渕直也

報道特集『AI(人工知能)と生きる未来』より

【1】組織ストレス予測サービス(00:00~03:34)

メンタルケアを必要とする従業員を人工知能で発見して、労務管理に役立てるサービスについて、紹介されています。

日立ソリューションズによると、約50%の確率で労務管理のデータ解析で精神的な問題で休職に至る人を当てられるそうです。私は昔、俗にいうブラック会社に勤めていたので、このシステムはとてもありがたいと感じました。

しかしながら、ブラック企業の経営者は、この手のシステムを導入しようとは考えないでしょう。「社員が鬱になってしまっては大変だ」と考える経営者のいる企業は、間違いなくホワイトだと思います。

本来、導入されるべき企業には導入されず、導入が不要な企業には導入されるということが起きるのかも…と感じました。組織ストレス予測サービスの内容自体は、社会的な意義もあり、とても素晴らしいと感じました。

【2】人工知能の基幹技術「ディープラーニング」とは!?(03:35~10:33)

囲碁の対局で井山裕太六冠が人工知能「DeepZenGo」に敗れて、将棋の対局でも佐藤天彦名人が人工知能「Ponanza」に負けてしまいました。ここでは、トップ棋士達がまったくコンピューターに歯が立たなくなった理由がわかりやすく解説されていました。

人工知能はここ1、2年で飛躍的な進歩を遂げました。それが「ディープラーニング」という技術のおかげです。

<従来>
ルール・特徴パターンを人間が定義して、設定する→人工知能

<ディープラーニング>
大量のデータで学習させる→人工知能→ルール・特徴パターンを導く

従来の人工知能は、人間が決めたルールや特徴パターンの範囲内で動作します。対して、最近はディープラーニングという手法を導入し、人間は最初から何もルールを設定することはありません。大量のデータをコンピューターに投入して、コンピューター自身にルールや特徴を導き出してもらいます。そのため、システムを作った技術者ですら、人工知能がどんな答えを出してくるかはまったく予想できません

人工知能はディープラーニングによって、人間の脳の中で行われている思考プロセスに似た動きをしながら、短期間に大量の学習を行っていきます。これにより、人工知能は人間の能力を大きく超えることに成功したのです。

Next: SFの世界が現実に!AIが普通に活躍する社会が近づいている

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい