fbpx

人間はAIに敗れるか?投資の世界に訪れるシンギュラリティ(技術的特異点)=田渕直也

人間の能力を凌ぐ人工知能の開発には、巨額の研究資金と一線級の研究者が必要です。莫大な資金力を持つヘッジファンド業界は、今まさにその最前線の一つとなりつつあります。(田渕直也

※本稿は、お気に入り作家の無料・有料作品を記事単位で読めるサービス『mine(マイン)』の記事をまるごと1話無料で公開するものです。田渕直也さんの他の記事もぜひご覧ください。

プロフィール:田渕直也(たぶちなおや)
一橋大学経済学部卒。日本長期信用銀行(現新生銀行)入行。デリバティブの商品開発、ディーリング業務に従事。以後、国内大手運用会社ファンドマネージャー、不動産ファンド運営会社社長、生命保険会社執行役員を経て、現在、株式会社ミリタス・フィナンシャル・コンサルティング代表取締役。『図解でわかるランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて』『確率論的思考』『入門実践金融デリバティブのすべて』(いずれも日本実業出版社)『投資と金融にまつわる12の致命的な誤解について』(ダイヤモンド社)『不確実性超入門』(ディスカバー21)など著書多数。

人工知能開発の最前線、ヘッジファンド業界で何が起こっているか

コンピューターが勝手に暴落を生み出す時代

コンピューターによるトレードは、かなり昔からあるものです。これをタイプ別に大きく分けると、今が買い時だとか売り時だとか、売買のサインを出すトレード判断型のものと、決められたルールで実際にトレードを執行する執行型のものがあります。

巷によくあるシステムトレードのソフトなんかは前者にあたるわけですね。後者の自動執行型のものは一般にアルゴリズム・トレードといわれます。

【関連】天才ソロスの切り札「再帰的株価モデル」でバブル相場を乗り切る方法=東条雅彦

近年、HFT業者やルネッサンス、シタデルなどのクオンツ系ヘッジファンドで行っているのは、トレード判断も執行もコンピューターが行う全自動型アルゴリズム・トレードです。HFT(高頻度取引)は、そのうちの超高速タイプのものを指します。

1987年に起きたブラックマンデー(米国株価指数が22.6%下落した一日としては史上最大の暴落)では、ポートフォリオ・インシュアランスと呼ばれるタイプの自動執行型アルゴリズムが価格急落の一因になったといわれています。

ポートフォリオ・インシュアランスは、株価が下がるにしたがって株を少しずつ売って、ポートフォリオのリスクをダイナミック(動的)に抑えていくタイプのものですが、そうしたリスク管理ツールが皮肉にも売りの連鎖に一役買ってしまったというわけです。

2010年に起きたフラッシュ・クラッシュ(わずか数分で米国株価指数が9%下落した史上最も急激な価格下落)では、やはり大量の株を一定のルールに従って売りさばく自動執行型アルゴリズムが株価暴落の最初の引き金を引いたと考えられています。この連続的な売り注文に、HFTなど他のアルゴリズムが反応し、売りの連鎖が一気に広まったのです。

一般に、マーケットメイク型のHFTは、ビッドやオファーを提示することで市場に流動性(ここでは、一定の価格レンジで売買が容易にできる度合いを意味する)を供給する役割を果たしています。ところが、売りの連鎖が始まると、自分たちのリスクをおさえるためにビッドをすべて取り消してしまうようなHFTも多いといわれています。

そうすると、価格が急落する中で、投資家がロスカットの売りを出そうとしても突然買い手がいなくなって狙った価格で成約できません。かといって成り行きで注文を出せば、とんでもなく安い価格で成約してしまいます。そして、それがまたパニックを引き起こします。このように、いざという時にマーケットメイク型HFTが突然姿を消すことも、価格の急落を招く一因になるわけです。

1987年当時は、ポートフォリオ・インシュアランスが売りの連鎖のきっかけを生み出したかもしれませんが、実際には多くの人間投資家も連鎖的な売り注文を出したとみられます。

でも、2011年には、わずかな時間に、アルゴリズムが引き金を引いてアルゴリズムが連鎖的な売りの渦を生み出していきました。多くの人間投資家は、呆然として推移を見つめるしかないという感じだったかもしれません。

要するに、コンピューターがひとりでに市場を暴落させてしまう時代に、すでに我々は達しているということです。

Next: 人間投資家よりもコンピュータ・アルゴリズムが「強い」理由

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい