fbpx

なぜトランプは黒人差別「抗議デモ」を煽るのか? 世界の反感を買っても退けぬ事情=高島康司

米国黒人男性が警察官に拘束され殺害された事件を受け、世界中で抗議デモが拡大している。それをトランプ大統領は火に油を注ぐように煽っている。それはなぜか?(『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』高島康司)

※本記事は有料メルマガ『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』2020年6月5日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

世界的に拡大する激しい抗議運動

ジョージ・フロイド氏の警察官による殺害が引き金になって発生している激しい抗議運動の拡大について解説したい。

5月25日、米中西部、ミネソタ州最大の都市、ミネアポリスで、偽造された20ドル札を使おうとしたとして通報されたジョージ・フロイド氏が殺害された。警察官のデレク・ショービンはフロイド氏の首を約9分間膝で押さえ込み、窒息死させた。最後の言葉が「息ができない(I can’t breaze)」であった。窒息死させられた動画は広く拡散し、強い怒りを呼び起こした。

すでに日本の主要メディアでも散々報じられているので周知だろうが、死亡からずいぶん日数が経過した現在でも抗議デモが衰える様子はない。抗議デモは全米50州の約140都市に飛び火し、暴徒化した一部のデモ参加者による略奪や放火も相次いでいる(※原稿執筆時点2020年6月5日)。

このような状況に対し、トランプ大統領は連邦軍を導入する可能性を示唆した。首都ワシントン(コロンビア特別区)に1,600人の米陸軍部隊が移動した。すでに23州と首都で州兵が動員されているが、現役の軍部隊が展開するのはこれが初めてだ。

また、連日暴動が発生するニューヨーク市では、30日深夜から2日朝まで外出を禁止すると発表。1日夜も略奪が発生したため、この後、外出禁止を2日夜も開始時間を早めて実施するとした。外出禁止令はこのほか、首都ワシントンを含む40都市以上で発令された。

世界の象徴となったフロイド氏の死

しかし、抗議運動の大きな波はアメリカにはとどまっていない。すでに、世界的な運動として拡散している。なぜか日本の主要メディアは大きく報じないが、世界のさまざまな地域で相当な規模の運動になっている。以下が現状だ。

・イギリス
ロックダウンに抗議する数千人に抗議デモがロンドンのトラファルガー広場を中心に行われた。デモ隊には「黒人の命は大切だ(Black Lives Matter)」のプラカードも多く見られ、フロイド氏の死に抗議するため一部は米大使館に向かった。

・ドイツ
ベルリンのブランデンブルグ門の前に、「黒人の命は大切だ(Black Lives Matter)」と「正義は待っていられない(Justice can’t wait)」のプラカードを持った人々が数百名結集し、抗議デモを行った。

・フランス
パリで「息ができない(I can’t breathe)」、「我々はみなジョージ・フロイドだ(We are all George Floyd)」などのプラカードを掲げた群衆が結集。膝をつくポーズでジョージ・フロイド氏への連帯を示し、その後行進した。

・デンマーク
コペンハーゲンの米大使館前に数千人が結集して、ジョージ・フロイド氏の死に抗議するデモが行われた。「正義なくして平和なし(no justice, no peace)」のプラカードが見られた。

・ニュージーランド
オークランドやクライストチャーチなど数カ所で「黒人の命は大切だ(Black Lives Matter)」に連帯する大規模な抗議デモが行われた。米大使館前に行進。

このほか、イタリア、ブラジル、メキシコ、アイルランド、カナダ、ポーランド、オーストラリア、そしてシリアなどで同種の抗議デモが行われた。

このように、ジョージ・フロイド氏の死に抗議し、これに連帯する運動は、世界的に拡散している。

その理由は、フロイド氏の死が新型コロナウイルスのパンデミックのロックダウンの影響で経済的に困窮している多くの人々の感情の象徴となったからだ。

Next: 抗議運動の2つのスローガン、「黒人の命は大切だ」と「息ができない」は――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー