fbpx

「陰謀論好き」「飽きっぽい人」は株で大損する!? 投資に失敗しやすい人の特徴=田中徹郎

自分は投資に向いているのか、いないのか。意外と自分ではわからない…という人が多いものです。そこで今回は「投資に失敗しやすい人の特徴」を解説します。(『一緒に歩もう!小富豪への道』田中徹郎)

プロフィール:田中徹郎(たなか てつろう)
株式会社銀座なみきFP事務所代表、ファイナンシャルプランナー、認定テクニカルアナリスト。1961年神戸生まれ。神戸大学経営学部卒業後、三洋電機入社。本社財務部勤務を経て、1990年ソニー入社。主にマーケティング畑を歩む。2004年に同社退社後、ソニー生命を経て独立。

株は「買ったときの理由が消失するまで」持つべき

ファイナンシャルプランナーという商売を長くやっていますと、いろんな人と出会います。

「この人は投資に向いているな」と思う人にも出会いますし、逆に「この人は自分の考えで投資すべきでないな」と思う人にも出会います。

今回は後者のほう、すなわち投資で失敗しやすい人の特徴について、思いつくまま書いてみたいと思います。もしかしたら皆さんのご参考になるかもしれません。

弊社と投資助言契約をお結びいただいている方から、こんなメールをいただくことがあります。

「いままで株で儲けた経験がほとんどなく、手持ちのA株を見ていると怖くなります。売却して利益を確定してはダメでしょうか?」

弊社の助言契約は、僕のアドバイス通りガチガチに売買する必要は無い契約になっています。なので、契約上は弊社の助言通りに売買する必要はありません。ですから、中には勝手に売ってしまう方もおいでです。少し儲かると、居ても立ってもいられなくなるのでしょう。

逆もアリで、持ち株が少し下がると売りたくなるようで、ときどき「売りたいメール」もいただきます。

でも、株というものは「買ったときの理由が消失するまで」持つべきで、株の値動き自体はさほど重要ではありません。

言い換えれば、株の値上りや値下がりは自分自身の主観的な世界の出来事で、経済は一人一人の事情をみながら動いているわけではないのです。ですから、値上がりしたからといって売ってはダメですし、逆も同様です。

ときどき、持ち株が20%上がったらウリ、逆に20%下がってもウリ。このようなルールを設けて売買する方もおいでですが、この方法も「負け組の投資手法」だといえるでしょう。

「陰謀論好き」は要注意

次に危ないのは「陰謀論が好き」という人です。

といっても、その方たちは、自分自身が他人を陥れたりすることが好きなわけではありません。たとえば「この世界が少数特定の人たちの陰謀によって動かされていると信じている人」がこのタイプに属します。

フリーメイソンが大好物な人、一部のヘッジファンドが世界経済を好きなように動かしていると信じ込んでいる人……。

先日、僕は山手線にできた新駅が、ビル・ゲイツの名前をとって命名されたと信じている人に出会いました。このような方はいつも自分でストーリーを造り、それに基づいて株や不動産、金、先物、オプションなどの売買をしています。

たとえば「日経平均が来週2万円まで売り崩される。その前に株を売っておかなくてはならない」「ニューヨークの某ヘッジファンドが近々金の売りを仕掛ける。その下げを待って金を買うべきだ」などなど……。

このタイプの方はネットやサークル、勉強会などで様々な「陰謀論」を刷り込まれる人が多いようですが、「刷り込み元」がその商売で儲けていることに鈍感です。

ものごとを冷静に受け止められない人、ものごとを歪んだ着想で受け止めてしまう人は、投資に向いていないように思います。

Next: あと一番オーソドックスで数が多いのは、買う時だけ情報を集め、その後――

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー