fbpx

希少コインが暴騰開始!コロナ相場の「現金はゴミだ」は投資の新常態となるか=田中徹郎

例年夏にはオークションで盛り上がるアンティークコインの世界。いくつかはコロナでキャンセルされましたが、今年は象徴的な変化がありました。1つは希少コインの高騰です。(『一緒に歩もう!小富豪への道』田中徹郎)

【関連】ジム・ロジャーズ、バフェットも金相場に注目!なぜ賢人たちが買い急ぐ?=花輪陽子

プロフィール:田中徹郎(たなか てつろう)
株式会社銀座なみきFP事務所代表、ファイナンシャルプランナー、認定テクニカルアナリスト。1961年神戸生まれ。神戸大学経営学部卒業後、三洋電機入社。本社財務部勤務を経て、1990年ソニー入社。主にマーケティング畑を歩む。2004年に同社退社後、ソニー生命を経て独立。

希少コインは暴騰

例年7月から8月にかけて、コインの世界はオークションで盛り上がります。コロナの影響でいくつかのオークションはキャンセルされましたが、それでも今年の夏は例年以上に熱い夏でした。

この夏場のオークションを振り返ると、いくつかの象徴的な変化がありました。

1つは、希少なコインの暴騰です。

たとえばヘラクレスが描かれた、フランスのピエフォー(※)50フラン金貨です。
(※:通常のコインの倍の厚さのコインです。フランスでは16世紀以降、伝統的にピエフォー貨が造られてきました。)

このコインは春先まで110万円ほども出せば買えたものですが、今夏のオークションでは160万円以上が当たり前になりました。

同時に発行されたプラチナ貨はさらに希少品ですが、こちらも200万円以上が新相場です。

あと参加者を驚かせたのは、イギリス領インドで発行されたウィリアム4世の2モハール金貨です。

たしかに状態は素晴らしくPR66と2番目の高鑑定でしたが、落札価格はビックリの17万ドル!落札者の総支払額は約2,400万円です。

このように希少性の高いコインや状態の良いコインについては、私たちは過去の相場を忘れなければなりません。

過去の相場は当てにならない

コインの世界では、現在進行形で新しい相場が形成されつつあるといえるでしょう。

この動きは、上記のような高額コインだけのものではありません。たとえば、「古代のコイン」です。

昨年あたりまでは1枚4万円から5万円ほどで落札できた、ビザンツ帝国(東ローマ帝国)のソリダスと呼ばれる金貨群。4グラムほどの小さなコインですし、デザインも工夫がなく、さして面白いコインではありません。それでも、5万円はいかにも安すぎました。安すぎるものはいずれ水準が訂正されるものです。夏場のオークションでは、鑑定会社ケース入り、グレードAU程度の欠点のない個体なら、総支払額ベースで12万円から17万円が新しい相場です。

クシャン朝インドも相場訂正の過程にあります。あいかわらずVF程度の並状態のコインなら10万円以下で買えますが、EFやAUなどの好状態のコインなら、オークションで100万円以上の値を付ける個体も出てきました。

先日の国内オークションでカニシカ1世のEF+は60万円で始まりましたが、なんとハンマープライスは145万円です。落札者の総支払額ベースでは160万円になりました。

昨年までなら、ちょっと考えられない相場です。

Next: 今までが安すぎた?コイン高騰が「一過性のブーム」と言えないワケ

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー