逃げちゃダメだ。子からの性の質問に親はどう答えたらいいのか?

shutterstock_793590994
 

子どもの成長とともに親の悩みの種となるのが、「性についてどう伝えていくか」ではないでしょうか。見て見ぬ振りや家庭内でタブーのようにしてしまうのはいけません。特に夏には、さまざまな問題が起こるもの。メルマガ『子どもを伸ばす 親力アップの家庭教育』著者の柳川由紀さんが、年代や状況に応じて親はどう対応し、何を伝えていくべきか、詳しく丁寧に教えてくれます。

家庭で性教育ってどうしてる?

今年はコロナウィルス感染に伴う環境変化で、例年とは違った夏休みになりそうです。夏休みは、子どもが巻き込まれる犯罪が後を絶ちません。その中には性犯罪も含まれます。また、犯罪に巻き込まれなくとも、性に興味を持つ子どもたちの行動に親の目が届かなくなる時期でもあります。

子どもを守りつつ、正しい知識を持たせ、被害者にも加害者にもならないよう親として性について伝えることが大切です。何をどう伝えるのか、家庭における性教育についてお届けします。

1.性教育の目的は?

家庭によってタイミングは違うと思いますが、子どもの素朴な疑問に向き合うときがスタートです。単に生殖や避妊法を教えるものではありません。性教育のゴールは、子どもが自分らしく生きて、性に関わる選択を自分でできるようにすることです。

2.タイミングはいつ?

性的な関心に目覚めていない時期に伝える方が、思春期に伝えるよりも、反発がありません。性器の洗い方なども含め、お風呂タイムに男女ともに教えておくのが最適です。また、子どもから、性に関する素朴な疑問を尋ねられたときは、性教育のタイミングです。その疑問に対し、隠したりごまかしたりせず、きちんと向き合い、本当のことを伝えましょう。

このときの親の態度によっては、子どもが「性のことは聞いてはだめなこと」と捉えてしまう可能性があります。すると将来、性に関することで何か困っても親に相談する可能性は低くなります。子どもが尋ねてきたら、チャンスと捉えて絵本も活用しつつ科学的に教えてあげられると尚良いです。

3.どう答える?

子どもからの質問にどう答えれば良いか迷うときには、「お!良い質問だね、大事なことだからちゃんと調べて答えられるようにするね」と伝え、後からしっかりと答えれば問題はありません。未就学児の場合、とにかく最初は、

  • 自分の身体は自分だけのもの
  • 人の身体はその人だけのもの
  • 嫌なことは「嫌」という
  • 勝手に触るのは良くない
  • じろじろ見るのは良くない

ということを伝えておくことが大切です。

また、普段から子どものちょっとした疑問にもはぐらかさずにしっかりと答えましょう。「おちんちん」「おっぱい」「おしり」などの単語が子どもの口から出たときはチャンスです。人前で大声でふざけて叫ぶ場合は、そういう話を聞きたくない人もいるんだよ、と伝えるチャンスですし、自分の性器を触っているときは、大事な場所であること、人前でしないことを伝えるチャンスです。

また、お友達のスカートをめくったり、ズボンをずらしたり、女の先生のおっぱいを触ったり男の先生の股間を触ったりするといった悪ふざけをしたときは、人の身体はその人だけのものだから、どんなに仲の良いお友達にも勝手に触ったり見たりしてはいけない、同様に自分の身体を勝手に触らせたり、見せたりしてはいけない、ということを伝えるチャンスです。

print

  • 逃げちゃダメだ。子からの性の質問に親はどう答えたらいいのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け