仮想通貨のふざけた「レバレッジ」で改めて見直したい、FX取引の堅実な魅力=今市太郎

巷では仮想通貨の話題でもちきりですが、今こそFXを見直すいい機会ではないでしょうか。ビットコインとは比較にならないほど損益管理がしやすい投資法です。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2018年2月2日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

仮想通貨は危険すぎる。今こそリスク管理しやすいFXに注目を!

ポジションの作り方で最大損失額が事前にわかる

いまや巷では仮想通貨の話題が渦巻いて、FXは陰にかすんで見えるような状況です。改めてFXの取引を考えてみますと、ビットコインなどとは比べものにならないぐらい損益管理がしやすい投資法であることが認識されます。

FXはゼロサムゲームですから、誰かが勝てば、その分を誰かが負けるのが宿命です。100戦100勝ということは絶対にありませんが、作ったポジションの数と、相場が1日に動く値幅を想定しておけば、いくらまで含み損が出るのかははっきりとわかります。

その点、FXにはリスクがあるといっても、ビットコインなどの激しいボラティリティにさらされた相場とはまったく異なるものです。

例えば、ドル円で1万通貨ポジションを買うなり売るなりした場合、相場が1円動けば最大1万円の含み損が出ることになります。2円動けば2万円です。もし5万通貨を保有していれば、最初から最悪10万円の損失が出るということがわかるわけです。

もちろん、突然の暴落があって10円動くということもまったくないわけではありません。通常のまともな相場状況であれば、せいぜい1日の振幅幅を2円とみておけば十分といえるでしょう。

例えば、10万円の含み損が出てもストップロスをおかないで何とかしようと思うのならば、そして1日の最大損失を投入資金の5%までにコントロールしたい場合には、10万円を0.05で割ってあげればいいわけです。そうすると200万の証拠金があれば、損切をしないでも安全に取引ができることになるわけです。

ドル円「1万通貨」を取引するのに必要な証拠金は今だいだい4万5,000円ほどですから、5万通貨ペアのポジションを作った場合には22万5000円が証拠金となり、さらなる売買も可能になるのです。

ビットコインのレバレッジ取引は命取りに…

対して、ビットコインFXで3倍のレバレッジがかかっていた場合を考えます。1ビットコインを120万円で購入し、あっという間に30パーセント相場が下落した場合には、損失は40万円となり、100万円の証拠金を入れていたとしても、瞬間的に4割が失われるという猛烈な売買になるわけです。

しかもこれがたまにあるわけではなく、日常的に展開されています。ですから、およそレバレッジをかけて売買をするような投資対象ではないことは、誰が見てもすぐにわかります。

またスプレッドが広がってしまえば、証拠金を簡単に乗り越える損失が出るリスクも抱えることになります。危ない危ないと言われてはいますが、いかにFXが仮想通貨に比べて安全かということがいまさらながらに確認できる状況です。

しかもFXは、ウォレットがあるわけではないので盗難もありませんし、約定したかどうかは常にリアルタイムで確認ができますので、こんなに確実な投資法はないといえます。

金融庁がFXのレバレッジ上限を規制するというのなら、まず仮想通貨のほうに先に手を入れるべきであるというのは先日の当メルマガにも書きましたが、25倍のFX取引でもかなりリスクはコントロールできる状況にあります。

Next: 損益管理をしっかりすれば、FXでも地道に儲けられる

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー