fbpx

「浪費家の彼と結婚しても大丈夫?」悩める30代婚活女子が貧困に落ちる理由=山本昌義

30代前半の独身女性から「羽振りがいいと思っていた彼に貯金がないことが判明。結婚しても大丈夫か?」との相談を受けました。基本的に、男性は結婚しても変わりません。婚活FPの立場からアドバイスします。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

【関連】「専業主婦の妻が働かない…」夫のボヤキが完全に間違っているワケ=山本昌義

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

「羽振りのいい彼に貯金がない。結婚しても大丈夫?」

婚活ファイナンシャルプランナーとして活動する私のもとに、30代前半の独身女性から、彼との結婚についての相談をいただきました。「羽振りのいい彼に貯金がないことが判明。結婚しても大丈夫?」という内容です。

彼は年収500万円ほどの正社員で交際2年。気前よくデート代の大半を出してくれていたものの、結婚の話で年収や貯金額を知り、不安になったとのこと。ここ1年はあまりデートできなかったものの、それでも貯金しておらず「浪費家」とも感じたそうです。

コロナ前なら本当によくある話でしたね…。実にわかりやすい男女の違いを表す話ですが、想像以上に悩ましい問題かもしれません。

今回は、気前のいい男性との結婚について、大切なポイントをお伝えします。

結婚しても、金遣いの荒さは変わらない

さて、まずは基本ですが「男性は結婚しても変わらない」。この基本を改めて理解しておきましょう。

そもそも羽振りのいいお金の使い方の多くは、単に見栄や無計画から来るものです。

あなたへの愛情の証のように感じるかもですが、残念ながら他の女性、または男性が相手でも変わらないことが多いと言えます。デート中は他人がいないから見えないだけです。

そして、結婚してあなたが家族となっても、「今まで通り」外部に向けてお金を使うでしょうね。

また、一度染みついた金遣いはなかなか変わりません。他人に使わなくなったら、まさに自分に使いがちです。少なくとも節約や貯金に向かう可能性は低いと言えます。話を聞く限り、彼はまさにセオリー通りです。

ちなみに、中には何らかの理由で年収や貯金がなくなると借金してでも金遣いを止められない人もいます。

もちろん最終的な金銭感覚の程度は彼次第ですが…。少なくとも、このまま結婚するのは危険かもしれません。

まずは、しっかりと彼を見極めましょう。

Next: 彼を変えるためには、自分も変わる努力が必要

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー