fbpx

ガセネタだった「Amazonビットコイン決済導入」が本当になる条件は?値動きの荒さが障壁=高梨彰

すぐに否定された「Amazon、ビットコイン決済導入」の噂で、ビットコイン価格は乱高下しました。今回は、実際に決済通貨として受け入れ可能になる条件を考えます。(『徒然なる古今東西』高梨彰)

【関連】本当に信頼できる「住みたい街ランキング」教えます!不動産のプロが各社発表を選別=姫野秀喜

プロフィール:高梨彰(たかなし あきら)
日本証券アナリスト協会検定会員。埼玉県立浦和高校・慶応義塾大学経済学部卒業。証券・銀行にて、米国債をはじめ債券・為替トレーディングに従事。投資顧問会社では、ファンドマネージャーとして外債を中心に年金・投信運用を担当。現在は大手銀行グループにて、チーフストラテジスト、ALMにおける経済・金融市場見通し並びに運用戦略立案を担当。講演・セミナー講師多数。

すぐに否定された「Amazon、ビットコイン決済導入」の噂

「Amazon(アマゾン)がビットコインを買い物の決済通貨として受け入れる」との話が出て、ビットコインは一時14.5%上昇しました。

その後、Amazonは「そんなことはない。関心はあるけどね」と否定コメントを述べ、ビットコインも高値から値を下げています。

この話、思惑としてビットコイン価格が乱高下することと、実際にビットコインが決済に使われたらどうなるか……この2つの点に関して、改めて考えさせられます。

先ず思惑については、どんな相場にもよくある話です。典型的な「噂で買って、事実で売る(Buy the rumor, sell the fact)」ですから。

考えさせられるのは2つ目、Amazonがビットコインを決済通貨として受け入れた時です。

ビットコインはどうすれば決済に使えるのか?

今でもビットコインを決済に使うお店はあるのでしょうけど、あんまり普及していません。値動きが大きいうえに、決済に時間が掛かるため、レジで決済しようにも価格がズレてしまいます。

では、どれくらいの値幅で、どれくらいの決済時間なら良いのか。

決済時間は、「即時」か、可能な限り早くなきゃダメでしょう。ビットコインの値幅(日々の値動き)は、どれくらいなら良いのか。こちらは実現可能性を占ううえで、具体的に考えるべき話題です。

ということで、30日間の値動き(ボラティリティ)を見ます。結論は「まだまだ値動きが荒過ぎる」です。

ビットコインの値動きを年率換算してみると、直近30日ではざっと60%弱。円換算すると70%超と、Bloombergは言っています。

対して、ドル円は5%ちょっと、ユーロも英ポンドも同じくらい。カナダドルや豪ドルにしても7〜8%というところです。

Next: 値動きが荒過ぎるビットコイン。決済導入はまだまだ先の話か

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー