fbpx

在留外国人にも税金を分配する日本はレアケース。海外で暮らす“困窮邦人”は助けてもらえない=栗原将

税金を在留外国人に分配する日本はレアケース

ところが、日本で暮らしていると、多くの他の国での外国人の処遇・受入体制がどういうものか、
イメージが希薄になりがちです。

基本的に、期待される外国人像とは、富裕層で、自国にたくさんのお金を落としてくれる、高度技能を持っていて自国産業にノウハウを与えてくれるといったプラス面を持っていることが挙げられます。

あるいは、自国民より低い賃金で働いてもらうといった、どちらかといえば、ネガティブな方向性になります。

いずれにしても、日本のように「自国民の税金を在留外国人に分配する」というのは、レアケースです。

なので、外国に移住する際には、「困った時にはその国が助けてくれるだろう」という期待は持たないのが大事です。

【関連】自称元Google竹花貴騎氏の経歴詐称は「やったもんがち日本」の縮図だ=栗原将

【関連】「コミュ障」専業トレーダーの退場率が高くなるのはなぜか?(株・FX)=栗原将

【関連】10年後に100万円返ってくる借用証書、あなたならいくらで買いますか?=栗原将

【関連】求人は多くても、タイで「優秀な日本人」として働くのが大変な理由=栗原将

image by:Thaspol Sangsee / Shutterstock.com
1 2

海外移住から帰国した50歳男子の北海道くらし日記』(2021年12月9日号)より
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

公式無料メルマガ好評配信中

MONEY VOICE(マネーボイス)

[火・木曜日配信]
世界一、天国に近い資産運用メルマガ。最新の経済・金融ニュース解説を中心に、株式・為替・債券・先物・不動産など投資家に役立つ情報を、ナビゲーター・山内咲織がお届けします。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー