fbpx

求人は多くても、タイで「優秀な日本人」として働くのが大変な理由=ショー

バンコクで事業をしている人と話をしていて、よく出てくる話題が「日本人従業員の採用について」です。優秀な日本人の人材が、とても少ないのです。なぜでしょうか?(『海外投資とネットビジネスで海外移住、ハッピーライフ』)

月給15~30万円で不慣れなタイに移り住むのは「変わり者」?

“優秀な”日本人が不足しているバンコク

バンコク・タイにはたくさんの日本人が住んでいますが、“優秀な”従業員候補となると非常に少なくなります。

日系企業の駐在員は数年で帰国しますし、海外駐在手当や高級コンドミニアムの費用などを考慮すると、同等の待遇をオファーできる会社はほとんどないと思います。

現地採用の日本人の最低賃金は5万バーツですが、大企業の駐在員が家族で暮らすコンドミニアムの家賃は月額8万バーツとか10万バーツになり、さらに、ドライバー付きのクルマまで。

この待遇は、地元の会社ではまず無理でしょう。あくまで、日本を本丸とする大企業の、ごく一部の海外駐在員だからこそできる厚遇なわけです。

【関連】「バンコク暮らし」vs.「日本の地方都市暮らし」10年後のコスパはどっちが高い?=ショー

こんな感じですから、現地採用で働くとなると、給与は5万バーツから、せいぜい10万バーツといったところでしょう(もちろん、それより高給の場合もありますが、相当な
スキルと実績などがないと厳しいでしょうね)。

仕事はたくさんあるけれど…

さて、1バーツ=3円とすると月給15万円から30万円。その条件で日本からタイに移り住み、不慣れな環境でも働こうと思う人材がどれだけいるか?

私が今まで見たり聞いたりの経験で感じるのは、そのような人は非常に少ないということです。ほとんどいませんし、少しだけ働いて、結局は日本に帰国する人も多いのです。

特に、テロや暴動が日本以外の国で起きた直後などですと、「結局、日本が安全だし、一番だと思う」といったSNSへの投稿が目につくものですが、確かに、それは当たっているな、と思います。

食べ物は美味しいし、他国と比べたらテロなどのリスクも小さい。何もそんな日本から、わざわざ外国に行くまでもないだろう――そう考えるのはもっともだと思います。

ショー自身は、外国で様々な経験をすることが楽しくて、移住してから5年目に入るのですが、あくまで変わり者ということなのでしょう…。

しかし、外国で働こうと思う日本人が少ないということは、見方を変えれば、現地の需要を満たしていない状況がある、とも言えるのです。

やる気がある人であれば、海外にはたくさんの仕事があります。

【関連】「仕事を辞めてカンボジア移住だ!」日本人は何万円で生活できる?家計簿3パターン

【関連】ついに白旗。舛添要一「東京都知事居座り作戦」の小失敗=ショー

海外投資とネットビジネスで海外移住、ハッピーライフ』(2016年7月28日号)より
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

海外投資とネットビジネスで海外移住、ハッピーライフ

[無料 ほぼ日刊]
明るい希望が見いだせないサラリーマン生活から脱却すべく、国内不動産投資から海外投資に目指した40歳独身男が、2012年6月をもってサラリーマンリタイヤ。投資インカムに加え、インターネットビジネスも開始し、タイ バンコクに移住、稼ぎは大きく、生活コストは小さく、ハッピーライフを追求していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい