fbpx

アリババが香港市場に上場申請を検討。調達規模は200億米ドルの見通しに

中国電子商取引大手アリババ・グループが、早ければ今年後半にも香港市場に上場申請を検討していると伝えられた。調達規模は200億米ドルの見通しになるという。(『【DZH】中国株マーケット&ニュース』)

香港市場のハンセン指数は反発、上海は2,900ポイント回復

アリババ、今年後半に香港上場か 200億米ドル調達へ

中国電子商取引大手アリババ・グループ<BABA>が、早ければ今年後半にも香港証券取引所に上場を申請することを検討しているもようだ。調達規模は200億米ドルの見通し。消息筋によると、アリババは重複上場により資金調達手段の多様化と流動性の向上を図る。アドバイザーの金融機関と上場手続きに向けた協議を進めているが、計画は初期段階にあり、最終決定はしていないという。『香港経済日報』が28日、外電を引用する形で伝えた。

香港証券取引所の李小加最高経営責任者(CEO)は先ごろ、中国本土メディアに対し、アリババの中国上場は100%確実で、時間の問題との見解を明らかにした。上場先を上海にするか香港にするかは同社が自主的に決めるとした。

アリババは2013年に香港上場の準備を進めたが、普通株より議決権が多い種類株の発行を香港証取が認めず、上場先を米国に切り替えた経緯がある。香港証取は18年、新興産業からの誘致を強化するため、種類株の発行容認を含む上場基準の緩和を施行した。

香港大引け:反発、本土株高が支え 自動車株に政策期待の買い

28日の香港株式市場でハンセン指数は反発。終値は前日比0.38%高の2万7,390.81ポイントだった。中国企業指数は0.13%高の1万416.55ポイント。メインボードの売買代金は概算で1,265億7,000万HKドルだった。

香港ハンセン指数 日足(SBI証券提供)

香港ハンセン指数 日足(SBI証券提供)

ハンセン指数は小安く寄り付いた後に切り返し、中盤までは次第に上げ幅を広げた。中国本土相場が景気刺激策への期待から上昇したほか、中国人民銀行(中央銀行)が連日の公開市場操作で短期資金を供給したことも買い安心感を支えた。ただ、米中貿易戦争の長期化に伴う両国の景気鈍化に対する懸念は根強く、後場に入ると上値の重さが目立った。セクター別では消費財製造や素材、消費財サービス、工業が買われた半面、通信と公共事業が売られた。

ハンセン指数構成銘柄では、自動車メーカーの吉利汽車<00175>が大幅高。中国の自動車販売業界団体が当局に市場振興策の早期に打ち出すよう求めたと伝わり、買いを集めた。アジア基盤の保険会社AIAグループ<01299>と製薬の中国生物製薬(01177>は大幅に続伸。中国インターネット大手テンセント<00700>は9営業日ぶりに上昇した。香港証券取引所はアリババ・グループ<BABA>が今年後半にも香港に重複上場するとの報道を手掛かりに買われた。半面、香港公益株の中電控股<00002>とホンコン・チャイナガス<00003>が安い。時価総額が大きいチャイナ・モバイル<00941>と中国工商銀行<01398>が売られ、相場の重荷となった。

中国企業指数構成銘柄では、自動車株の広州汽車集団<02238>とBYD<01211>、長城汽車<02333>が軒並み高。5G関連銘柄の中国鉄塔<00788>、建材大手の中国建材<03323>と安徽コンチセメント<00914>が大きく買われた。一方、中国政府系不良債権処理会社の中国信達資産管理<01359>と中国華融資産管理<02799>がそろって続落した。広東省政府系投資会社の粤海投資<00270>もさえない。

Next: 上海は1週間ぶり2,900ポイント回復、米中摩擦の影響限られるとの見方

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい