fbpx

まるで昭和のゲーセン!タイ田舎のネットカフェ、開業理由が「オタク息子の失業対策」ってどういうこと?

アジアの超ローカル景気やおカネ事情を現地在住ウォッチャーがレポート。今回はタイ中部・ナコンナヨック県のネットカフェを訪問。まるで「昭和の駄菓子屋ゲーセン」のごときタイ式ネットカフェの経営事情を探ってみました!(取材・文 / あいさ)

【 取材時の為替レート: 1タイバーツ = 約3.6円 】

PC7台、エアコンなし。タイラーメン屋からネットカフェに転業

皆さん、サワッディーカー!路地ウラウォッチャー・タイ担当の「あいさ」です。

今回はバンコク中心部から乗り合いバンで片道3時間、タイ中部・ナコンナヨック県まで足を延ばし、最近、開業したばかりの「ネットカフェ」に経営状況を聞いてきました。

【関連】バンコク美人女子大生のお部屋に潜入!家賃9,000円アパートの中は…

ROJI_012_TH_001

こちらの『Kaeゲームインターネットカフェ』は約半年前にオープン。ナコンナヨック自体がバンコクと比べて田舎なうえ、ランドマークのナコンナヨック病院から車で10分と大通りからも離れた立地で、地元客100%の超ローカルなお店です。

ROJI_012_TH_002

ROJI_012_TH_003

外からは、ここがネットカフェとは分かりませんね。そしてこちらがオーナーのKaeさん(52歳)。

ROJI_012_TH_004

Kaeさんは以前、タイならどこにでもあるクィティアウ(タイラーメン)屋さんを経営していましたが、競争が激しくなかなか売上があがらなかったこともあり、いったんお店を畳むことに。

他の業態を検討する中で、息子さんがオンラインゲームにハマっていたことにヒントを得て、ネットカフェに転業したそうです。

ですがこちらのお店、パソコン台数はわずか7台のみですか……。しかも年中暑いタイなのに、エアコンがありません。バンコクのネットカフェならエアコンはたいていついているのですが。

ROJI_012_TH_005

かわりに5台の大型扇風機がありますが、すべて稼働させたら店内の通路が完全にふさがれてしまいそう。

ROJI_012_TH_006

繁盛していると聞いて来たのですが、ちょっと不安になってきました。ねえねえKaeさん、本当にこの立地、この設備で、ご商売は順調なんですか?

もちろん。この界隈でネットカフェはココだけ!ウチは16時過ぎからが本番よ

そう自信満々に答えるKaeさんと、しばし待つこと約15分。ついに最初のお客さんがやってきました!可愛らしいお子様です。

Next: メイン客層は小中学生。ゲームに駄菓子、そこは昭和のゲーセンだった

1 2 3 4

路地ウラウォッチャー – あいさ

27歳、沖縄県出身。タイ・バンコク在住6年目。語学学校通いや現地就職などを経てタイ人の夫と結婚し定住を決意。2014年に生まれた息子の育児に奮闘しつつも持ち前の好奇心とタイ語を駆使し、まだ行ったことのない場所に突撃しては驚かされる毎日。

無料メルマガ好評配信中

タイに嫁いで子育て中!あいさのバンコク日記

[無料 不定期配信]
タイ生活事情やタイ人夫のふしぎな行動など現地生活のアレコレをゆる~く綴る、路地ウラウォッチャー「あいさ」さん個人の無料メルマガです。こちらもぜひご購読ください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい