fbpx

中国の年金って毎月いくら? 上海老夫婦に「隠居生活」のフトコロ事情を聞いてきました

アジアのローカル景気やおカネ事情を現地在住ウォッチャーがレポート。今回は中国・上海で年金生活を送るご夫婦に、毎日の暮らしぶりを聞いてみました!(取材・文 / ジンダオ)

【 取材時の為替レート:1人民元 = 約19円 】

中国の年金は毎月いくらですか? 元国家公務員のご夫婦に聞いてみる

大家好(だーじぁーはお)!皆さんコンニチワ。
路地ウラウォッチャー・中国担当の「ジンダオ」です。

今回は、上海で年金生活を送る上海人ご夫婦のお宅にお邪魔して、「中国人の老後ってどんな感じ?」をご紹介したいと思います!

【関連】「中国不動産バブル崩壊」はウソ?ホント? 上海で“街の不動産屋さん”に質問

こちらが取材にご協力いただいた李ご夫妻。じつは私の友人のご両親です。

李貴宝さん(71)、李志勤さん(67)ご夫妻

李貴宝さん(71)、李志勤さん(67)ご夫妻

李貴宝さん(お父さん)は71歳、李志勤さん(お母さん)は67歳。定期的に食事の席にお呼ばれすることもあり、私はお二人を「お父さん、お母さん」と呼んでいます(まさに上海の両親という感じで)。

お二人は友人からの紹介で出逢い、熱烈な恋愛を経て結ばれ、今年で結婚43年目だそう。いまでも仲の良いおしどり夫婦です。

ROJI_011_CN_016

いまのお住まいは、上海の金融街・浦東エリアにある110平米のマンション。すぐ近くに超高層ビルの上海環球金融中心を望み、夜には華やかなイルミネーションが楽しめる、申し分ないロケーションです。

ROJI_011_CN_003

そういえば、今まで聞いたことがありませんでしたが、ここって持ち家?それとも賃貸でしょうか?

「そりゃあ当然、持ち家だよ。この物件は2000年に110平米44万元(約836万円)で購入したんだ。当時は4,000元(約7.6万円)/平米だった。それがいま、このあたりの相場は35,000元(約66.5万円)/平米だ。経年を考慮しても350万元(約6,650万円)以上の価値がある。家は資産さ」

15年で約8倍の値上がりは、近年の日本では考えられない感覚ですね。

ROJI_011_CN_004

ROJI_011_CN_005

ROJI_011_CN_006

李さんはここ以外にも、上海郊外の松江区に一軒家をお持ちだそうで、「値上がりすると思って買ったんだけどね。まだあっちは発展途上だから、まだまだこれからだね」とのことです。

現在の李ご夫妻はずいぶん優雅なリタイア生活を送っているようですが、現役時代はどのようなお仕事をし、老後に備えて、これまでどんな準備をしてきたんでしょうか?

若かりし頃のお二人

若かりし頃のお二人

日本人でも中国人でも、人は誰でも年を取るもの。やっぱり気になってしまいます。そこで貴宝さん(お父さん・71歳)に、お金のこと、健康のこと、趣味のこと…さらに突っ込んで聞いてみました!

Next: 1日2回は株価チェック 趣味に生きる李貴宝さん(71歳)の優雅な一日

1 2 3 4

路地ウラウォッチャー – ジンダオ

38歳・長崎市生まれ。中国上海に中国語ゼロで渡航して早11年目。語学留学を経て、語学学校の立ち上げ、中国横断3ヶ月バックパックなどドップリ中国にハマる生活。趣味は中華食べ歩きと中華アンティーク収集。訪中当初から中国人に間違えられるアジアンテイストな顔つきのお陰で、中国人に紛れ込むのはお手の物。

無料メルマガ好評配信中

上海からお届け!簡単3分、写真で覚える生活中国語

[無料 ほぼ平日刊]
中国語の日常単語はもちろん、新語や流行語・俗語まで、現地の写真と一緒に楽しく学べる、路地ウラウォッチャー「ジンダオ」さん個人の無料メルマガです。公式Webサイト『今すぐ中国語』とあわせてお楽しみください!

ご購読はこちら!

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい