fbpx

「中国不動産バブル崩壊」はウソ?ホント? 上海で“街の不動産屋さん”に聞いてみました

アジアのローカル景気やおカネ事情を現地在住ウォッチャーがレポート。今回は中国・上海にある「街の不動産屋さん」に、現地の不動産景況感や今後の見通しを聞いてみました!(取材・文 / ジンダオ)

【 取材時の為替レート:1人民元 = 約19円 】

“中国不動産バブル”の実態は?学生街でがんばる「街の不動産屋さん」に聞いてみる

大家好(だーじぁーはお)!皆さんコンニチワ。
路地ウラウォッチャー・中国担当の「ジンダオ」です。

今回は、上海市虹口区の不動産仲介会社にお邪魔して、激しい競争を勝ち抜くための商売術や、現地の不動産景況感を聞いてみたいと思います。

【関連】月商2,800万円!店舗面積18倍!上海・海鮮レストラン急成長の秘密とは

ここ数年、日本の新聞や週刊誌で、「中国の不動産バブルがいよいよ崩壊!?」なんて煽り記事をよく見かけますよね。それが本当なら、「街の不動産屋さん」にも何らかの影響が出ているはず。

中国はとても広く、地域によっても事情は異なりますが、投資の参考になるかもしれません。

ROJI_010_CN_001

こちらが目的地の「吉旺房产(じーわんふぁんちゃん)不動産」です。

上海中心部の中山公園駅から3号線で約20分、赤峰路駅近くの財経大中山北路キャンパス裏手に店を構える、まさに「街の不動産屋さん」。

このあたりは虹口区内でも大学が数多く集まるエリアで、販売用物件はもちろん、学生向けの賃貸物件がたくさんあるんです。私も上海留学時代には、この不動産屋で物件を紹介してもらいました。

ROJI_010_CN_002

ROJI_010_CN_003

オーナーの邱さんご夫妻です。現在の会社は創業13年目、社長の邱さんと奥様の2名で経営しています。繁忙期には物件案内の臨時スタッフを雇うこともあるそうですが、少数精鋭のため、カバーするエリアは虹口区周辺に絞っています。

Next: マンションが10年で3倍以上に値上がり!中国不動産ビジネスの流れ

路地ウラウォッチャー – ジンダオ

38歳・長崎市生まれ。中国上海に中国語ゼロで渡航して早11年目。語学留学を経て、語学学校の立ち上げ、中国横断3ヶ月バックパックなどドップリ中国にハマる生活。趣味は中華食べ歩きと中華アンティーク収集。訪中当初から中国人に間違えられるアジアンテイストな顔つきのお陰で、中国人に紛れ込むのはお手の物。

無料メルマガ好評配信中

上海からお届け!簡単3分、写真で覚える生活中国語

[無料 ほぼ平日刊]
中国語の日常単語はもちろん、新語や流行語・俗語まで、現地の写真と一緒に楽しく学べる、路地ウラウォッチャー「ジンダオ」さん個人の無料メルマガです。公式Webサイト『今すぐ中国語』とあわせてお楽しみください!

ご購読はこちら!

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい