fbpx

はじめての「タイ不動産投資」で損をしないための考え方~物件購入から賃貸、売却まで

皆様はじめまして!今回からマネーボイスで『アジア不動産投資はじめの一歩』を連載することになりました、ASEAN不動産研究所の田中圭介と申します。

簡単に自己紹介をさせていただきます。私は兵庫県生まれの36歳、大手不動産ポータル『HOME’S』で営業責任者を5年ほど務めた後、2011年タイに渡り、現地法人や現地不動産ポータルサイトなどの立ち上げを行った経験があります。現在は、株式会社エイリック代表取締役兼ASEAN不動産投資研究所所長としてアセアン各国を飛び回り、「足で稼いだ」最新の現地不動産情報を投資家の皆様にご提供しています。何卒よろしくお願いいたします!

さて初回は「タイ特集」ということで、タイの不動産を理解するために重要となる4つのポイントをお届けいたします。

  • タイの不動産賃貸
  • タイの不動産売買(新築・プレビルド編)
  • タイの不動産売買(中古編)
  • タイの不動産売買(売却編)

「借りるとかどうでもいいから、投資のほうを書いてくれ」というお声もあるのですが、賃貸も絶対理解しておいたほうがいいです。これは日本の不動産投資でも同じです。利回りはあくまで結果論。入居者をきちんと見つけるまでの過程を見ておかないといけません。

まずは基本となる「タイの不動産賃貸」事情

いろいろあります!日本との違い

まずは「タイの不動産賃貸」についてです。

タイという国は親日国であり、仏教に根ざした倫理観を持っているため、日本とのつながりは非常に深いです。事実、60年以上前からTOYOTAがタイに工場を作り、今や自動車産業の一大集積地になっています。

2015年末にASEAN経済共同体(AEC)統合という大きな出来事があるわけですが、やはりタイはメコン流域国の中でダントツの存在感を見せることでしょう。より多くの日本人が仕事でタイに来られると想定されます。

さて、そんなタイですが、家を借りる時は日本と違い、いろいろと苦労させられるかもしれません。

簡単に日本とタイの違いをまとめると……

(1)日本では不動産を扱う場合(賃貸も売買も)宅建免許を持つ企業が対応、重要事項説明は必ず取引主任者が対応しなければいけないが、タイでは免許がなく契約書がすべて

(2)礼金という考え方はなく、デポジットという、いわゆる敷金のみ前払いする(前家賃1ヶ月分を先に支払うこともあるが、ルールではないので交渉)。デポジットは引越し時にはクリーニング代等を引かれて返却される。

(3)契約期間は1年が普通(日本は2年)。ただし、退去時は契約に従って支払うが、だいたい1年未満での解約は残りの契約期間分の家賃を支払う必要がある。

(4)基本的に家具はすべて揃っている。ベッドカバーや枕などは自分で購入する必要があるが、日本からの引っ越しでテレビや冷蔵庫といった大きなものは基本的に不要。

(5)よくある話だが、良い物件は1年ごとに家賃が簡単に上がる(ひどい話だと1.5倍に上がる所も)。逆にボロボロの物件の場合、交渉次第では家賃が下がることもある(それくらい物件の質が違う)。

上記以外にも細かいところで違いはあるのですが、基本「交渉」です。なんでもかんでも交渉です(これはASEAN全体に言えることです)。

このあたりの交渉は日系の不動産会社が対応してくれます。ただし、注意して欲しいのは、日系の不動産会社でも最低家賃というものがあります。例えば、日本円で3万円程度の家賃に住みたいとなれば、日系の不動産会社は基本的に対応してくれません。

理由は簡単で儲からないからです。もちろん対応してくれる企業もあると思いますが、かなり希少です。私もタイで不動産仲介の仕事を経験しましたが、動けば動くほど赤字です。正直やれません。

そういう人はどうするか?もう現地タイ人の友人に頼む、物件に直接行って交渉、というのがほとんどです(かくいう私も最初は自らの足でアパートに行き、英語が通じない中、筆談で交渉して、家賃1.5万円/月の所に半年住んでいました)。

言葉が話せないというのはなかなかつらいですね。

タイで家を借りて住む、というのはお金があれば最高なんですが、お金がない、となれば、割と苦労を強いられます(慣れれば天国なんですけどねw)。

さて、以上のタイ不動産賃貸の基本を踏まえ、次ページではタイの不動産売買(新築・プレビルド)についてお話ししましょう。

Next: 果たして儲かるのか?タイの不動産売買(新築・プレビルド編)

1 2 3 4

田中 圭介(たなか けいすけ)

株式会社エイリック代表取締役兼ASEAN不動産投資研究所所長。1979年兵庫県生まれ。関西学院大学経済学部卒業。新卒で外資系製薬メーカーに入社後、大手不動産ポータル『HOME’S』に転じ営業責任者を5年以上経験。2011年にはタイに渡り現地法人、現地不動産ポータルサイトを立ち上げた。現在は在タイ時からの豊富な人脈と持ち前のフットワークを生かしてアセアン各国を飛び回り、「足で稼いだ」最新の現地不動産情報を投資家に提供している。

最新のアジア不動産投資情報をメールマガジンで

ARICメールマガジン

[無料・要会員登録]
ASEAN不動産情報ポータルサイト『ARIC』では、毎週水曜日に会員限定で、最新のエリアニュース、縁故販売・先行販売の情報、不動産オーナー交流会のご案内をお届けしています。この機会にぜひ無料の会員登録を!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい