fbpx

カンボジア、イマドキ男子の「親孝行」事情。平均月給100ドルの国で帰省に700ドル!

アジアのローカル景気やおカネ事情を調査する『路地ウラ景気ウォッチャー』。今回はカンボジアの若者の「親孝行」事情をご紹介します。平均月給100ドルの国で、なんとお盆の帰省に700ドルを出費!毎月の仕送りも決して欠かさないチビットさん(29)の家族にかける想いとは?(取材・文 / げん 改め けん)

【 取材時の為替レート: 1USドル = 約4,100カンボジアリエル = 約120円 】
※カンボジアではUSドルが広く通用しています

お盆の帰省に700ドルを工面するカンボジア男子!

皆さんチョムリアプ スーア(こんにちは)!
路地ウラ景気ウォッチャー・カンボジア担当の「げん 改め けん」でございます。

11月17日、サッカーW杯アジア2次予選で日本との対戦をひかえるカンボジア。前回の9月に行われた日本戦で敗北を喫したのをはじめ予選5試合を消化しいまだ勝ち星のないカンボジアですが、それでも多くのカンボジア人が次回の日本戦を楽しみにしています。

といいますのも、カンボジア人はサッカーが大好きな上に日本も大好き!勝敗は別として「世界で活躍する選手を抱える日本代表と、自分たちの代表が同じピッチで戦えることが嬉しい」とのことです。

そんな親日の国カンボジアの魅力をお伝えするためにこのコラムやブログを書いているわけですが、今日は僕がいつも感心して止まない「カンボジアの親孝行事情」についてご紹介したいと思います。

今回取材に応じてくれたのは日本のNGOでコーディネーターを勤めるチビットさん(29歳)。仕事ができて心優しい、僕の大好きな友達です。

プレイベンから仕事のためにプノンペンに上京し、一人暮らしをしながら家族を支えるチビットさん

プレイベンから仕事のためにプノンペンに上京し、一人暮らしをしながら家族を支えるチビットさん

そんな彼と先日話していた時のこと。カンボジアでは10月に盂蘭盆(プチュンバン)という日本のお盆と同じ意味合いの先祖の霊を祭る祝日があるのですが、彼はその時期に帰省するために、なんと700ドル(約84,000円)も用意したというのです!

700ドルといえば日本人にとってもそれなりの金額ですが、賃金が安い(月に100ドル程度の給料の人も多い)カンボジアでは、その価値は日本以上に大きなものです。これだけの大金を何のために用意したかというと、もちろん親孝行のためなんですよ。

Next: お盆と正月、年に2回は給料以上の親孝行が当たり前!?

1 2 3 4

路地ウラウォッチャー – げん 改め けん

日本で結婚して、たった半年でカンボジアへ単身渡航。彼いわく、結婚3ヶ月で奥さんのご両親に「カンボジアに行きます」と挨拶したことが、人生で最も緊張した瞬間とのこと。男にはやらなきゃいけない時があるとはいえ、本当に今だったのか!? それを証明する為にも、行け!「げん 改め けん」! 働け!「げん 改め けん」!!

カンボジアのリアルタイムな情報を「ほぼ」毎日更新中!

カンボジアの生活情報!地味だけど大事なこと。

[無料 ほぼ毎日更新]
カンボジアへ行く前の必読ブログ!お金のことはもちろん、食べ物や住まい、モバイル、防犯・安全まで、生活やビジネスに必要な「地味」だけど「大事」な情報を現地からお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい