fbpx

まるで昭和のゲーセン!タイ田舎のネットカフェ、開業理由が「オタク息子の失業対策」ってどういうこと?

メイン客層は小中学生。ゲームに駄菓子、そこは昭和のゲーセンだった

本日、最初のお客さんはこちらのお子さまたち。学校帰りにパソコンゲームを遊びに来ました。

ROJI_012_TH_007

Kaeさんのお店の利用料金は、1時間あたり15バーツ(約54円)

バンコクのローカルネットカフェは10~12バーツ/時間で、なおかつ6時間パックで1時間分無料といったシステムが一般的ですので、なかなか強気の価格設定だと思います。

ひょっとして「ゲームは1日1時間」というKaeさんの愛のムチかしら?そういえば、お店の入り口に何やら注意書きがあったんですよね。あらためてよく見てみると、

ROJI_012_TH_008

「15~18歳…月~土:14~22時 日祝:10~22時」
「15歳未満…月~土:14~20時 日祝:10~20時」

と書いてありました。これは営業時間ではなく、タイの法律(日本の風営法みたいなもの)なんだそうですよ。なるほど、学校帰りの子どもがメイン客層だから、Kaeさんは「16時からが本番」と言っていたのですねー。

そうこうしているうちに、ゲーム目当ての子どもたちが次々に来店。1時間も経たないうちに、すべての席が埋まってしまいました。スゴイ!

ROJI_012_TH_009

ROJI_012_TH_010

いま子どもたちに人気のタイトルは、『FIFA(サッカーゲーム)』、『World of Tanks(戦車ゲーム)』『Heroes of Newerth(リアルタイムストラテジーゲーム)』『Point Blank(一人称視点のアクションシューティングゲーム)』などのPC用オンラインゲームだそう。

ROJI_012_TH_012

タイ人は子どもから大人まで、みんなサッカーが大好きですね。

おっとこれは!?パソコン以外に、プレステコーナーもちゃっかり用意されていたりします。

ROJI_012_TH_011

ほとんどの子が友達同士で誘い合って来店するため、1台のパソコンに何人もの子どもが群がる状態になりますが、順番待ちになったら、後ろに椅子を並べて待つのがこのお店のオキテ

お行儀が悪い子には、Kaeさんによる教育的指導が待っています(笑)

ROJI_012_TH_013

この光景、どこかで見たことがあると思いませんか。100円玉を握りしめて行列を作っていた、日本の駄菓子屋ゲーセンみたいなんですよね。

となれば、このとおり。

ROJI_012_TH_014

順番待ちする子どもたちのニーズを見越して、お菓子やジュースをきっちり取り揃えてありました。

入り口横の冷蔵庫にはジュース類。ペプシコーラ10バーツ(約36円)、ピーポー1バーツ(約3.6円)。「ピーポー」は、タイの子どもが大好きなフルーツゼリーです。

ROJI_012_TH_015

ROJI_012_TH_016

ROJI_012_TH_017

お店の奥の棚には、ジュースやシェイク、お菓子がたくさん。どれも1個5バーツ(約18円)、美味しそうです。

ROJI_012_TH_018

ちなみに靴は玄関先で脱ぐのがタイ式ネットカフェのお作法。できれば、きちんと揃えて脱ぎましょうね!

ROJI_012_TH_019

次ページではKaeさんに、気になる開業初期費用や、現在のお店の売上・利益を聞いてみます!

Next: 「座っていればいいだけ」の気楽な商売?月売上は1.5万バーツ

1 2 3 4

無料メルマガ好評配信中

タイに嫁いで子育て中!あいさのバンコク日記

[無料 不定期配信]
タイ生活事情やタイ人夫のふしぎな行動など現地生活のアレコレをゆる~く綴る、路地ウラウォッチャー「あいさ」さん個人の無料メルマガです。こちらもぜひご購読ください!

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー