人生最大の失敗!? 「結婚に後悔している」あなたのための行動経済学=ゆうきゆう

「結婚をしたけど、後悔しています。どうすればいいでしょうか」そんな読者さんからの質問に、『★セクシー心理学GOLD 〜最先端の心理学技術★』のゆうきゆう先生がズバリ回答します。

※本記事は有料メルマガ『★セクシー心理学GOLD ~最先端の心理学技術★』2005年9月7日号を一部抜粋・再構成したものです。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

結婚、夫婦、そして人生についての究極の疑問の答え…かも?

メルマガ読者からの質問

「結婚をしたけど、後悔しています。どうすればいいでしょうか」(Lさん)

ゆうきゆう先生の回答

ご相談、ありがとうございました。では、こんな話をお届けします。

【関連】貯金が捗る8マス!「お金持ち思考」が身につく魔法のチェック表=山田健彦

経済学者カーネマンによって提唱された、プロスペクト理論というものがあります。まずは、この表を見てください。これは、人間が何かによって得られる喜びの強さを表したものです。

0を中心として考えてください。

横軸は、ゲットしたモノの「客観的な価値」。ここではお金で考えます。たとえば右に行くほど、たくさんのお金をもらったと考えてください。

そして上方向が、感じられる喜びの強さ。まさに本人にとっての「主観的な価値」です。

そしてグラフ上の各点をつないだものが、そのお金と対応する喜びの曲線だと思ってください。

このグラフでもっとも大切なのはただ1つ、「価値が高くなるにつれ、喜びのカーブが鈍くなっている」こと。

たとえば、点Aを見てください。これは10,000円をもらったときの喜びです。次に点Bを見てください。これは20,000円をもらったときの喜びです。これらの「喜びの強さ」は、あまり変わりませんよね。

喜びは2倍にならない

ほら、想像してみてください。誰かに「10,000円あげるよ」と言われたら、「えっ!ホントに!?」と、かなり嬉しく感じるはず。

では、「20,000円あげるよ」と言われたらどうでしょう。「10,000円あげる」と言われた場合の、ちょうど2倍、嬉しいでしょうか?

その答えは、おそらくNOのはず。それこそ点Aと点Bの差のように、「少しだけ嬉しさアップ」くらいではないでしょうか。

ですので、たとえば有名な質問に、こんなものがあります。

  • 10,000円を無条件でもらう
  • 確率2分の1で20,000円をもらう(失敗すると何ももらえない)

どちらかを選べ、と言われたら、あなたはどちらを選びますか?

数学に詳しい方なら、「期待値は同じだから、どっちでも同じ」と言うかもしれません。でもこれ、ほとんどの人が前者を選びます

10,000円と20,000円の喜びは、2倍ほどではなく、たいして変わらない。それにもかかわらず、後者はもらえない可能性がある。そのためつい前者を選んでしまうわけです。

さらに金額が上がると…?

さて、このように「人の喜びの変化は、金額が上がるにつれて鈍くなる」という傾向。これは、金額が大きくなるにつれて、さらにハッキリしてきます。

たとえば「1億円あげるよ」と言われたら、「ほほほほ、ホントにぃっ!?」というくらい、嬉しく、ビックリするはずです。

ではこの直後に、「あ、間違えた。実はもっと多いんだよ。1億10,000円だよ!」と言われたらどうでしょう。

「…あ、そうなんだ。ありがとう…!」

というように、たいして驚きや喜びに差はないはずです。

さらにさらに!

100億円をもらった喜び」と「101億円をもらった喜び」を想像してみてください。1億円の差があるのにもかかわらず、喜びの差はほとんどありませんよね。

このように「額が大きくなるにつれ、喜びのカーブは鈍くなる」のです。ここまで、よろしいでしょうか?

さて、このグラフ、これだけではありません。実は「お金を失ったときの悲しさ」までカバーしているのです。

Next: 「得ることの喜び」と「失うことの悲しさ」があなたの人生を支配している

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい