fbpx

人生最大の失敗!? 「結婚に後悔している」あなたのための行動経済学=ゆうきゆう

人は、必ず…

そして。ここからが、今回もっとも伝えたいことです。繰り返しになりますが、

「同じ価値のものの場合、失う悲しさの方が、得られる喜びより、ずっと大きい」。

何か、気がつくことはありませんでしょうか。

そうです。

進学か、就職か。

今すぐ結婚するべきか、しないべきか。

Aさんか、Bさんか。

C社か、D社か。

そんな二択を目の前にすることは、誰にだってあるはず。そして人は、迷いながらも、そんなときにどちらかを選ぶものです。

ここで人は、「ほとんど同価値」だと判断しているからこそ、迷っているもの。すなわち、たとえばAさん=Bさんとして、Aさんを選んだのなら、「Aさんを得た喜び」より、「Bさんを失った悲しさ」の方が、ずっと大きくなるのです。

これは他の選択肢でも、基本的には同じことです。もう、結論は言うまでもありませんね。人間は、必ず後悔するようにできているのです。

さらに話はそれだけではありません。普通、選択は、二択だけではないのです。

Aさんか、Bさんか、またはCさんにするか。もしくは今は誰も選ばないか。進学か、就職か、もしくはもうちょっと考えてみるか。

そういう、3位や4位や5位…の選択肢を失った悲しさも、同じように心の中にのしかかってきます。

すなわち、あなたが選んだ、1位(と考えたもの)の喜びが、それらすべての総和よりも、ずっと大きくなければ、確実に後悔することになるわけです。

Next: 人間は、人生の決断をしたとき、必ず後悔するようにできている

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー