fbpx

バンコクで現地採用?デイトレ?日本を飛び出した3人の「収入・家賃・休日の過ごし方」インタビュー

アジアの超ローカル景気やおカネ事情を現地在住ウォッチャーがレポート。今回はタイ・バンコクで現地採用として働く20代の若者と30代のデイトレーダーの方に、日々の暮らしぶりを聞いてみました。一口に在タイ日本人と言っても、キッカケやライフスタイルはいろいろ!(取材・文 / あいさ)

【 取材時の為替レート: 1タイバーツ = 約3.5円 】

バンコクで暮らす日本人が急増中!そのキッカケとは?

皆さん、サワッディーカー!路地ウラウォッチャー・タイ担当の「あいさ」です。

突然ですが、タイの首都・バンコクは、日本人にとって最も住み心地のいい場所のひとつ!

外務省の海外在留邦人数調査統計によれば、2014年10月現在、タイで暮らす日本人は64,285人、うちバンコク在住者は46,367人だそうです。

これは日本国大使館や総領事館への「在留届」を集計した調査のため、実数を正確に把握するのは難しいのですが、それでも、2004年の32,442人から2014年の64,285人へと、ここ10年で約2倍に増加しています(ちなみにジェトロによると、バンコクの人口は約825万人)。

日本人がタイに住むキッカケや理由は人それぞれですが、私の経験上、おおまかには、だいたい以下の3パターンに分かれることが多いようです。ワタクシ自身は(1)のパターンでした。

  1. とにかく海外に興味があって住みやすそうなタイに来た。仕事は現地採用!
  2. 日本企業の駐在員として、会社の辞令でタイにやってきた!
  3. 引退後のリタイヤ先・ロングステイ先としてタイを選んだ!

そしてキッカケはどうあれ、現地で生活していくには、先立つモノ=お金が必要!リタイヤ生活以外では、何かしら仕事をしなければ生きていけないんですよね(当たり前のことですけど)。

そこで今回は、やる気になればいつでもチャレンジ(だけは?)できる、「バンコクの現地採用」で働く2人の若者に、そのキッカケやお仕事の内容、お給料や休日の過ごし方をインタビュー。

それからMONEY VOICEらしく(?)、タイで暮らしながら株やFXの取引をしている「デイトレーダー」の方にも、毎日の生活や「バンコクでトレードをするコツ」を聞いてみました。

バンコクには、現地採用で熱心に働くまじめな若者が大勢います。が、それと同じくらい、ふだん何をやっているのか分からない不思議な人もいるんです(笑)将来タイ暮らしを考えている方はもちろん、そうでない方にも、在タイ日本人それぞれの暮らしぶりを、どどーんとご紹介したいと思います!

Next: Webデザイナーアシスタント みきさん(27歳)の生活

1 2 3 4 5

路地ウラウォッチャー – あいさ

27歳、沖縄県出身。タイ・バンコク在住6年目。語学学校通いや現地就職などを経てタイ人の夫と結婚し定住を決意。2014年に生まれた息子の育児に奮闘しつつも持ち前の好奇心とタイ語を駆使し、まだ行ったことのない場所に突撃しては驚かされる毎日。

無料メルマガ好評配信中

タイに嫁いで子育て中!あいさのバンコク日記

[無料 不定期配信]
タイ生活事情やタイ人夫のふしぎな行動など現地生活のアレコレをゆる~く綴る、路地ウラウォッチャー「あいさ」さん個人の無料メルマガです。こちらもぜひご購読ください!

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい