fbpx

従業員がナマポ受給!? アマゾン・ドットコムが抱える「生活保護問題」の闇

Amazonのオハイオ州在住の従業員のうち10%は、生活保護受給者であると報道されています。税金で同社従業員の生活費を一部補填していることになります。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2018年1月17日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

第2本社の誘致を狙うオハイオ州。たしかに雇用は改善したが…。

従業員の10人に1人が生活保護受給者

通販の巨人「Amazon」のオハイオ州在住の従業員の10%は、生活保護受給者であるとの地方紙の報道に注目です。ポイントを翻訳しながら解説します。

AMAZON COM INC<AMZN> 日足(SBI証券提供)

AMAZON COM INC<AMZN> 日足(SBI証券提供)

オハイオ州政策」という進歩的政策グループの調査で、昨年8月時点でオハイオ州在住のAmazon社の1430人の従業員及び家族が、生活保護状態すなわち無償食料配給カード受給者であることが判明した。Amazon社はオハイオ州で50位中19位の受給者数の会社である。

コロンバス市の日刊紙Columbus Dispatchの報道によれば、2人家族での受給が典型的だと考えると約700人のAmazon従業員が生活保護を受けていることになる。

「オハイオ州政策」グループの調査では、Amazon社の多くの社員が生活保護を受けている。この理由としては、賃金が安いか、パートタイム従業員が多いからであろう。

生活保護を受給している従業員は、税金の補助を貰いながら、大企業に低賃金労働をさせられていることになる。

「オハイオ州政策」グループの調査リーダーは「従業員を増やしてくれる企業を歓迎はするが、我々はもっと賃金の良い仕事を増やすことに専念すべきだ。間違いなく、彼らの多くは良い仕事に就いていない。これは議員や公務員がもっと検討すべき問題であると、指摘したいのだ」と語った。

同政策グループの報告書に拠れば、食料無償受給カードの生活保護の受給条件は3人家族で年収が2万6208ドル、または時給12.60ドル、1週間で40時間労働条件の家庭となる。

出典:Report: 10 Percent of Amazon’s Ohio Workforce on Food Stamps – THE Washington Free Beacon(2018年1月7日配信)

Amazon社は、この件に関しコメントを拒否している。

出典:同上

オハイオ州経済開発局は、オハイオ州に大きな拠点を置いてくれているAmazon社の功績を賞賛しており、「Amazon社は何千人もの雇用をしてくれており、以前には考えられなかった様な大きな経済効果を生んでいる」とコメント。

Amazon社はオハイオ州に約6000人の雇用を抱えており、同州では53番目に従業員が多い企業であり、今後、同州に2箇所の配送センターを建設する予定である。

Amazon社は第2の本社の建設を予定しており、オハイオ州は誘致に向けて努力をしており、これが決まると5B$(5万人分)の新規雇用が生まれるとのことである。

出典:同上

企業誘致をするには、眼を瞑るしかないのだろうか? みんなの税金で、生活費の一部補填をAmazon社従業員にしていることになるのだが…。

続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2018年1月17日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 1月配信済みバックナンバー>

・品揃え点数を減らして売上は上がる?/業界トップの小売大手チェーンの大恥?それとも恥知らず(1/17)
・財産を差し出せば、開放されるのは王族だけ?/米国がイランを中国に追いやっている(1/16)
・サハラ砂漠に雪が降る/顕著な末期症状(1/15)
・我国は透明性が高く、貴国は透明性が無いではないか?(1/14)
・新興国中央銀行の買い増し/不純な米国の金準備?/米国の資金流出(1/12)
・Sears、ついに金詰りか/どうも芳しくないトイザラス/2018年店舗閉鎖の大波(1/11)
・中国の地方政府が抱える不良債権問題/米国、パキスタン、中国の三角関係(1/10)
・時代は変わり、解雇が増えていく通信業界/イスラエル・豪州とBitcoin(1/9)
・米国新車販売2017年12月(1/8)
・貸衣装屋が流行!?/新興国中央銀行の買い増し(1/5)
・原油の需要は減る見通し(1/4)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※1月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

・炭疽菌抗体を持っていた北朝鮮亡命兵士(12/29)
・連銀は何を夢想しているか?(12/29)
・じょじょに侵食する人民元/ロシア先物金市場、来年から正式スタート(12/28)
・子供のプレゼントも売れないのか?/2017年にサブウェイが全米900店舗以上閉鎖(12/27)
・いよいよ始まるペトロ・ダラーの終焉/(12/26)
・賃上げよりも借金漬けに?/私達は本当に豊かなのだろうか?(12/25)
・不安だから、クリスマス・プレゼントも安い物にしよう(12/22)
・北米地域の経済の動脈/世界一の海運会社の国際貿易量 2018年予測(12/21)
・ビットコイン創設者の一人が全部売却したそうな、そしてEUも――(12/20)
・暗号通貨を大量に持っている人達はホンの一握りだけ(12/20)
・イラン原油の対価は中国人民元?それとも金地金?(12/20)
・雇用状況の実態/不況は拡大し、貧富の格差も増える一方(12/19)
・米国のホームレス:7年ぶりに増加/劇症肝炎の蔓延の原因(12/18)
・Sears Canada その後/米国破産申請件数(12/15)
・金貨&銀貨の供給不足/生産販売実績2017年11月(12/14)
・人間と言うものは本質的に馬鹿のところがあってね!/PAC3(12/13)
・ETFは何を目的として産まれたのか?/資金流出(12/12)
・米国新車販売2017年11月:短・中・長期的分析(12/11)
・ビットコインは急上昇で、金価格は下落の舞台裏で(12/10)
・12年後の2030年には、労働者の3分1はもう不要になる(12/8)
・米国に対するロシアの警告(12/7)
・米小売チェーンの店舗閉鎖数、今年は史上最高に/来年はさらに悪化(12/6)
・チリ新産金量(12/5)
・BRICS 対 欧米:金市場の未来(12/4)
・お嬢様御用達の衣料専門小売チェーンJ Crewでも売れなくなってきた(12/1)

【関連】FRBの最強通貨「Fedコイン」とビットコイン、NSA(米国家安全保障局)を結ぶ点と線

いつも感謝している高年の独り言(有料版)』(2018年1月17日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による
初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

いつも感謝している高年の独り言(有料版)

[月額648円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]新聞等に報道されない海外でのディープな情報をお届けします。出来る限り、時代を先取りした情報やデータをお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい