fbpx

学資保険と終身保険、子どもの教育費捻出にはどちらが向いている?

お子さんがいらっしゃる方にとって、“今後の教育費をどう工面するか”というのは重要な問題ですよね。万が一のことを考え、お子さんの誕生とともに保険に加入するという方も多いでしょう。そんな中、『年収20%貯金できる!家計力アップ15の法則』を配信するファイナンシャルプランナーの拝野洋子さんは、お子さんが生まれた時、加入する人が多い「学資保険」「終身保険」について、それぞれの特徴を説明してくれています。

【関連】子育てしやすい!医療費助成が充実した自治体を紹介

子供の学費を貯めるのに向くのはどっち?「学資保険VS終身保険」

子供の学費は1人につき1,000万円必要」なんて話がありますが、子供が生まれて保険を考えたご家庭は多いのではないでしょうか?

また、「学資保険は損、学費を貯めるなら終身保険の方がいい」そんな話を保険の営業者からきいたことはありませんか?ほんとにそうなのでしょうか?

終身保険って何?

終身保険とは、満期保険金がなく、いつ死亡しても死亡保険金が受け取れる保険です。

一生涯死亡保障が続く分、期間限定の死亡保障(定期保険)と比べて、払い込む保険料は高額です。

途中で終身保険をやめると、解約返戻金が戻ってきますが、やめるタイミングによって、払い込み保険料より少なくなります。

終身保険は、解約返戻金が払い込み保険料と同じくらいになるのに、保険契約から約20年から30年かかります。

学資保険って損するの?

学資保険とは子供保険とも言われます。原則、親が保険契約者、子供が被保険者で契約し、子供の入学や進学に合わせて、祝い金や満期金が受け取れます。

「受取金が払い込み保険料より少なくなる」「運用率が低いので自分で運用の方がいい」という話、聞いたことがありませんか?

確かに元本割れの学資保険もありますが、保護者が死亡したとき、育英年金などが受け取れるなど、保険機能を充実させたものに多いようです。

保険機能を最低限にし、貯蓄機能を重視すれば、年1%超の金利で運用したくらいの額になるものもあります。

特別高い運用利率とは言えませんが、自分で運用して、必ず年1%超毎年資金を増やせるかどうかは、個人差があるでしょう。

だから、必ず払い込み保険料より受取金が少なくなるわけではないし、自分で運用の方がいいとも限らないわけです。

Next: 学資保険のメリット

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい