fbpx

学資保険と終身保険、子どもの教育費捻出にはどちらが向いている?

学資保険のメリット

学資保険には、保険契約者が死亡した場合、その後の保険料を払わなくてよい保険料免除特約があります。

この特約が元々ある学資保険と、特約として保険料に上乗せする学資保険があります。

最低限の保険機能として、この『保険料免除特約』があるか確認してから、学資保険に入りましょう。

現在加入済の学資保険がある場合も同様です。

学資保険と終身保険、学費を貯めるのに向いているのはどっち?

筆者は、学資保険は現実的な保険だと思います。

最低限の保険機能である保険料免除特約があれば、大黒柱が死亡したらその後は保険料を払わないで祝い金や満期金がもらえるのです。

大黒柱が普通に長生きしても預貯金代わりになります。

学資保険は、解約した場合でも契約から10年ほどで解約返戻金が払い込み保険料と同じくらいになるものもある点が終身保険と違います。

思わぬ事態で保険が続けられなくなった場合も、10年ほどで保険料の元が取れるので、“元本割れ”のリスクは終身保険より少ないのではないでしょうか?

※ 払い込み保険料と解約返戻金は、個別の保険で異なりますので、詳細は各保険会社にお問い合わせ下さい。

保護者がいつどんな保険に入っているかによって異なりますので、保険証券を見直ししてみたらいかがでしょうか?

年収20%貯金できる!家計力アップ15の法則』(2015年6月22日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による
1 2

無料メルマガ好評配信中

年収20%貯金できる!家計力アップ15の法則

[無料 ほぼ週刊]

オールアバウトガイド・FP・社労士
拝野 洋子(はいの ようこ)が語る貯蓄力アップ講座です。年収の20%を貯金できれば、マイホーム購入、教育費、趣味・自己投資、老後資金、などに無理なくお金を使え、安心な生活を送れます。 国や自治体からもらえるお金や失業・病気などのもしもに備えての具体的な情報なども合わせて、情報をお送りします。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい