fbpx

米国ホームレス急増のタイムリミット迫る、コロナ給付金が止まれば失業者が転落へ

アメリカではコロナ失業者への救済として給付金を出していますが、その支援が止まれば失業者たちはホームレスに転落します。タイムリミットはいつでしょうか。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2020年7月13日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

給付期間はいつまで? 止まれば失業者がホームレスに……

米国の継続失業給付者数のデータやグラフを見るうえで重要なのは、給付期間がどれくらいなのかです。

新規失業給付申請をして給付期間が終了すれば、就職しない限り、食料無償配給カードで生活保護を受けるしかありません。彼らは、成人で労働適格年齢であっても「労働力市場から脱退したグループ」になります。

では、米国の失業者が給付金をもらえる期間はどれくらいなのか? 海外報道を翻訳しながら紹介します。 

失業保険給付額の平均は、378ドル/週となっている(2019年末時点データ)。

しかし、これも州によって異なり、ミシシッピ州はもっとも低い額で213ドル/週だ。反対に最高額は、マサチューセッツ州の555ドル/週である。

そのうえ、経済刺激策の1つとして3月27日に発効した追加給付の法律では、7月末までの期間、週600ドルが加給される。つまり、ミシシッピ州の場合は813ドル/週、マサチューセッツ州では1,155ドル/週になるのだ。

給付額は州によって異なり、また申請時期にもよっても変わるということだ。

次に給付期間だが、これも州ごとに異なる。

多くの州では最大で26週間(約6.5か月)までのところ、新型コロナウイルス救済特別法で13週が追加され、最大で39週(約10か月)の給付期間となっている。

出典:How much unemployment will I get? That depends on your state – CNBC

今後、新規失業給付件数や継続給付件数を見るうえで、申請から給付打ち切りまでの期間を39週間として分析するつもりです。

給付申請から実際の給付開始まで、米国でも数週間から1か月以上の遅れが実際には発生していることは無視するしかないでしょう。

39週(約10か月)がタイムリミットか

次の図表をご覧ください。

出典:CNBC

出典:CNBC

全米の州の失業給付期間(最長・上限)を示しています。紺色は26週以上、青色は26週、水色は26週で、圧倒的に青色の州の最長26週が多いことがわかります。

これに、それぞれ13週が今回特別に加算延長されるのです。

出典:CNBC

出典:CNBC

こちらは継続給付件数のグラフです。期間は2007年から2020年6月まで。前の金融危機のピークのおよそ5倍が2020年の現状です。

今後、これが最大で39週(約10か月)、上昇傾向か高止まりで推移すると想像できます。

Next: 次に「新規失業給付申請件数4〜6月の合計は4,500万件」とのデータを紹介――

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー