fbpx

グローバルニッチトップ113社、いつ買うべき? 市場成長率2.21倍を見据えた投資手法=山田健彦

経産省が2020年版のグローバルニッチトップ企業を発表し、新たに113社を選定。この結果を元に、市場全体の傾向と取るべき投資手法について解説します。(『資産1億円への道』山田健彦)

グローバルニッチトップ企業

経産省が2020年版のグローバルニッチトップ企業を選定、公表しました。

その定義は、以下となっています。

  • 大企業:特定の商品・サービスの世界市場の規模が100~1,000億円程度であって、過去3年以内において1年でも、概ね20%以上の世界シェアを確保したことがあるもの
  • 中堅企業・中小企業:特定の商品・サービスについて、過去3年以内において1年でも、概ね10%以上の世界シェアを確保したことがあるもの

前回に実施された13年度から日本企業を取り巻く事業環境は大きく変化しています。デジタル経済の進展や世界の政治経済情勢の変動、少子高齢化のような社会構造の変化などを踏まえ、新たに113社を選定したとのことです。

その内訳は、以下となっています。

機械・加工部門:61社
素材・化学部門:24社
電気・電子部門:20社
消費財・その他部門:8社

重視されたポイントは、「収益性」「競争優位性」「戦略性」「国際性」の4つ。選定企業は単純平均で世界シェア43.4%、営業利益率12.7%、海外売上比率45.0%という内容になっています。

また、各企業が提供している製品・サービスの5~10年後に予想される市場規模は平均して2.21倍の成長率になる見込みとしています。

主な上場企業は?

その中から主な上場企業を並べてみました。

NITTOK
ナブテスコ
フコク
兼房
オーエスジー
ソディック
日進工具
ミクロン精密
レオン自動機
ユニオンツール
日精エー・エス・ビー機械
技研製作所
小森コーポレーション
酉島製作所
大同工業
日機装
昭和真空
THK
川崎重工業
太平洋工業
ジャムコ
東洋合成工業
フルヤ金属
旭化成
ジェイテックコーポレーション
ニッポン高度紙工業
第一稀元素化学工業
旭有機材
愛知製鋼
パウダーテック
大阪チタニウムテクノロジーズ
朝日インテック
レーザーテック
テイカ
イビデン
東京応化工業
古野電気
横河電機
エスペック
オプテックスグループ
マニー
萩原工業
興研

7月10日(金)現在では、いくつかの例外を除きチャートの形状が冴えないものが多く、買えるようなタイミングではありませんが、継続監視する価値は十分あると思います。

これら先端技術を持ち、世界シェアが高い企業では、製品の価格決定権を自分たちの側で持つことができ、値上げの主張が通りやすいという特徴があります。

Next: 筆者の主たる投資方法は「時間分散による積立投資」です。投資の教科書に――

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー