小学生の命が犠牲に。「学校はエアコン不要」の根性論が子供を殺す

2018.07.25
1398
shutterstock_662878558
 

上空に居座るふたつの高気圧の影響で、記録的な猛暑に襲われている日本列島。7月17日には愛知県豊田市の小学1年生の男児が校外学習後に熱中症で亡くなるという痛ましい事故が起きてしまいました。現役探偵でもある阿部泰尚(あべ・ひろたか)さんは自身のメルマガ『伝説の探偵』で、2007年に兵庫県内の高校で起こった熱中症事故と今回の死亡事故との共通点等を検証しつつ、教訓を生かせぬ教育現場を強く批判しています。

豊田市小学1年生の死亡事故について

「愛知県豊田市立梅坪小学校の1年生の男児児童が校外学習から戻ってから倒れ、熱中症の中でも最も重い熱射病で死亡した。」という報道があった。

これを見て、私はとてつもないインパクトを受けたある事件を思い出した。それは、「兵庫県立龍野高校テニス部熱中症事故」だ。この熱中症事故は裁判となり、最高裁までいった。多く学校を訴えると、それは都道府県など学校の設置者との争いとなり、徹底的に争ってくる。被害者やその保護者は個人、それだけで圧倒的に不利なのだ。

教育機関だから折れてくるんじゃないかなど甘えは一切なし、組織に所属する教員らは、組織人としての証言を求められる。私はこの件に直接関わってはいないが、被害者の女の子が母親と一緒に記者会見に臨んでいる姿を見て、深く心に残った。

1.小学1年生熱中症死亡事故

<概要>

事件報道によれば、2018年7月17日、小学1年生112人が午前10時頃、小学校を出て、およそ1.2キロほど歩いて和合公園へ向かった。公園では虫取りや遊具遊びをして、11時半頃、再び学校に戻った。当日は、高温注意報が出ており学校も把握していた。

公園までの道のりから、男児児童は列から遅れるなどがあり、担任の先生が手をつなぎ歩いてたそうだ。教室に戻ってから男児児童は唇が紫色になり、11時50分頃意識を失った。それから、20分ほどで病院に搬送されたようだが、0時56分に死亡が確認された。

<補足情報>

教室に戻ってから、女児児童3人も不調を訴えていたという。そのうち1名は、午後になってから嘔吐している。また、教室にはエアコンが無く扇風機4台を回して対応したそうだ。熱中症対策として、水筒も持参していた。

別の保護者によれば、死亡した男児児童は、始めから校外学習に行きたくないと言っていたそうで、特に体調に異変があったわけではないと判断し、連れて行ったとの情報がある。

梅坪小学校から和合公園まではおよそ1.2キロほどであるが、公園まで行くには国道419号線を歩く必要があり、日差しを防ぐところが無く、アスファルトの反射熱や車の排気などで、その体感気温は、当日当時の気温、「33.4度」どころではなかったはずだ。

さらに、熱中症症状はこの男児児童の場合は行きの段階でほぼ出ており、手を引いて歩いたという担任の先生は、手を握りつつもそれに気づかなかったという点に大きな疑問が残る。

報道を見る限り、大まかには、

  • 10:00~10:30 行き
  • 10:30~11:00 公園遊び
  • 11:00~11:30 帰り
  • 11:50 教室にて意識不明
  • 12:10 病院へ救急搬送
  • 12:56 死亡を確認

時間の前後はあるだろうが、大まかには時間の流れは合っているだろう。地図を見る限り、小学校近くには地域医療センターが目と鼻の先にあり、救急搬送にはさほど時間を要しない。

多くの教育委員会では、学校事故に関するマニュアルがあるが、熱中症については、主に部活を念頭においている記載が多い。主に、「水分補給」「塩分補給」「休憩」「個人差があるからよく観察」もしも具合が悪い生徒がいた場合「涼しい場所で衣類を緩め、水分・塩分の補給」「昏睡状態や痙攣の場合はもちろん、応答がに鈍いなどの場合も医師の診断」「医師の診断までの間、氷などで体を冷やすなどの応急措置」という記載がある。

報道によれば、扇風機で冷やしていたということだが、教室の気温は37度もあったという。また、水筒持参で水分を補給して熱中症には十分配慮していたというが、肝心の塩分補給についてや休憩については記載がない。つまりはしていなかったのだ。

さらに、救命について、保健室や職員室など、この学校においてエアコンが設置されているであろう場所に移動させず、ほとんど外と気温が変わらない教室の中に留まっていたということは、ほぼ何もしていないに近い状態であったことを意味する。

この地域、学校では、熱中症などを含む学校での事故等々についての研修を行っていたか甚だ疑問である。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 小学生の命が犠牲に。「学校はエアコン不要」の根性論が子供を殺す
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい