fbpx

ビットコイン「逆回転相場」の始まりか。2つの上昇要因が消滅していく=田中徹郎

逆回転に要注意

もし近々おカネの大量発行に歯止めがかかれば、今の流れは逆回転する可能性が高いと僕は思います。

特にFRB(アメリカの中央銀行に相当)が、マネーの供給速度を緩める(=テーパリング)なら、それだけで敏感な投資家は仮想通貨から退避し始めるのではないでしょうか。

目先、中央銀行の政策に最も大きな影響を与えるのはコロナでしょうが、もしこれから終息傾向を見せるとどうでしょう。

もちろん、中央銀行は急激な政策の転換は避けるでしょうが、市場は常に先を見て動きます。しかも仮想通貨は売買が容易なだけにおカネが逃げるときは一斉で、そこが実物資産と違って危ういところです。

なかには1ビットコイン当たり30万ドルを予想する人もいるようですが、どんなものでしょう…。

たしかに超長期の期間軸で見れば、法定通貨の価値の希薄化は止めようがないと僕も思いますが、目先に限って申し上げるなら、そろそろ気を付けるべき時期に入るではないかと思います。

【関連】半導体不足で自動車減産!スーパーサイクルに入る半導体関連株の勝ち組は?=栫井駿介

【関連】バイデン政権誕生前後に株価調整?シーゲル博士、ガンドラック氏の見解は=江守哲

【関連】金と金貨、どちらが儲かる? ゴールド相場高騰でわかった今後の投資価値=田中徹郎

image by:Roman King / Shutterstock.com
1 2

一緒に歩もう!小富豪への道』(2021年1月21日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

一緒に歩もう!小富豪への道

[無料 毎週火曜日+号外あり]
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー