fbpx

金と金貨、どちらが儲かる? ゴールド相場高騰でわかった今後の投資価値=田中徹郎

よく比べられがちな金と金貨、いったいどちらが儲かるのでしょうか?各銘柄の値動きから、希少価値の上昇をポイントに紐解いていきます。(『一緒に歩もう!小富豪への道』田中徹郎)

プロフィール:田中徹郎(たなか てつろう)
株式会社銀座なみきFP事務所代表、ファイナンシャルプランナー、認定テクニカルアナリスト。1961年神戸生まれ。神戸大学経営学部卒業後、三洋電機入社。本社財務部勤務を経て、1990年ソニー入社。主にマーケティング畑を歩む。2004年に同社退社後、ソニー生命を経て独立。

「失われた20年」でも、金価格は5倍近く上昇

僕はときどき皆さんからこんな質問をいただきます。

「金と金貨、どっちが儲かりますか?」

やや遠回りになるかもしれませんが、今回は上記のテーマで書いてみたいと思います。

僕が銀座なみきFP事務所を作ったころ、金の価格はグラムあたり1,500円弱でした(※2004年の平易金価格=1,472円/グラム 田中貴金属サイトより)。

そういえば、当時は1kgのバーが150万円で買えた記憶があります。それが今ではグラム当たり6,900円ほど、1kgのバーなら手数料込みで690万円にもなります。

よく考えてみれば不思議な気もします。

日本ではよく「失われた20年」などと言われ、ここ20年ほどモノの値段はほとんど動いていません。にもかかわらず、上記のように金の価格は、この16年だけをみても5倍近くにもなっているのです。

この現象はいわゆる「資産インフレ」というヤツで、「紙幣の量」と「実物資産の量」のバランスが崩れることによって生じているように僕には見えます。

中央銀行の量的緩和政策によって「紙幣の量」は増える一方ですが、地下から掘り出される「金の量」は紙幣ほどには増えていません。ですから紙幣の相対的な価値が薄まるのは、自然な成り行きだといえるでしょう。

銘柄別にみる金貨の値動き

ではこの間、金貨はどのような値動きをしたでしょうか。そして、もし金と金貨が異なる値動きをしたならば、その要因はどこにあるのでしょう。

まず金貨は、金と違って、いろんな銘柄があります、ですから銘柄の選択によって違った結果が出ることを忘れてはなりません。

そのような点も踏まえ、今回は誰もが知っている代表的な金貨を、いくつか例にとって考えてみたいと思います。

まずは地金型金貨として、誰もが知っている「メイプルリーフ金貨」です。このコインは一応金貨のかたちをしていますが、希少価値はありません。ですから実質的には金ではなく金の地金です。

<カナダのメイプルリーフ金貨>

・20年前の価格:約35,000円
・現在:約227,000円
・20年前比:約6.5倍
※いずれも税込み小売価格、20年前は年間平均

上記のようにメイプルリーフは地金ですので、これがあらゆる金貨の基準となります。

では、例えば皆さんよくご存じの、フランスで19世紀に発行された「ナポレオン100フラン金貨」は、同じ期間でどのように動いたでしょう。

Next: コインは金と違って年号や状態などによって値付けが違いますが、そこまで――

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー