fbpx

東電急騰で見えた「株バブルの臨界点」週足が暗示する全体相場の行方=山崎和邦

東電急騰が示唆する全体相場

<アベ・スガノミクス相場での東京電力HD 株価推移(週足・対数チャート)>

東京電力HD<9501>は一時的な急騰、1~2年の下落を繰り返す動きとなっている。現在2018年12月高値からは、104週間、▼65%(767円→266円)の調整で、過去2回の調整局面と同等の調整率で調整一巡感が台頭していた中で、株価は急速な戻りとなっている。

アベ・スガノミクス相場での東京電力HD<9501>株価推移(週足・対数チャート) ※日本取引所データから作成、加筆・文責:石原健一

日本取引所データから作成、加筆・文責:石原健一

<アベ・スガノミクス相場での過去2回の上昇局面との比較推移から見た「今後の株価」>

株価は2020年12月安値(266円)から直近高値429円(1月26日終値)での上昇率は約+61%に達している。過去2回の上昇局面は、一段目の上げ一服後に20週程度の保合い期間への移行し、2段目の上昇局面へ向けての上昇エネルギーを蓄積する動きとなっている。ただ材料次第では、早期に動意づく可能性もある。エネルギー政策・原発再稼働などの材料を睨みながらの動きとなろう。

日本取引所データから作成、加筆・文責:石原健一

日本取引所データから作成、加筆・文責:石原健一

<全体相場・物色の流れと東京電力HD>

東京電力HDは、市場参加者の誰もが今後に期待して買いたいと思う銘柄ではなく、優良銘柄ではない。相場の物色の流れを時間経過で考えると、相場始動の初期では、まずソニーなど成長期待のある優良銘柄が買われる。そして徐々に物色の裾野が広がっていき、バリュー銘柄などへ波及し、全体が底上げされていく。

下記グラフからもわかるように、全体相場が目先の佳境場面に接近し、出遅れ銘柄として最後に残った段階で、最も出遅れていた東京電力HDへ市場資金が向かう傾向にある。

加筆・文責:石原健一

加筆・文責:石原健一

今回の東京電力HDの急騰は、一方で相場全体が佳境場面にあることを示唆していることにも注意したい。

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 1月配信済みバックナンバー>

※2021年1月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

<山崎和邦の投機の流儀 vol.451(1/24号)>

■ 第1部;当面の市況
(1)基調は強いが、ドルベースで見れば、今は「2世紀を跨ぐ因縁場」だ
(2)当今の相場付きは、日経平均では語れない相場――「急ぐな東電、明日もある」
(3)元ディーリング部門出身の証券マンの感覚
(4)将来の夢を買う青春期相場の典型と述べたが……
(5)今の相場は、2022年3月期を極めて大幅な増益と想定していることになる
(6)大型ファンドは、ディフェンス銘柄に保有株を増やす可能性
(7)日経平均の一段高を見込む動き
(8)今ほど、強気と弱気が別れているときは珍しい
(9)東京五輪中止の可能性大。11月から織り込み済みだろうから市場に大きな影響はない

■ 第2部;中長期の見方
(1)アメリカの分断は、NY株と無縁ではない
(2)バイデン政権の始動 
(3)バイデン政権と日本株
(4)注目される米長期金利
(5)非常時における政治家の判断が、菅総理には皆無だ
(6)21年の成長率の予測値は、エコノミスト11人の予測によると、平均で1%下方に修正された
(7)米中対立激化は当面避けられる
(8)壊れた米国は立ち直れるか?
(9)「アメリカの分断」はバイデン政権では回復できないか
(10)経済の司令塔に女性を登用するバイデン
(11)バイデン政権への市場の見方
(12)宴は最後が最も賑やかになるものだ
(13)米中対立は対日圧力へと変化する
(14)米国による世界の均衡は崩れる恐れがある
(15)過剰流動性相場を揺るがすもの
(16)筆者の友人ジャーナリストの嶌信彦通信より
※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

2021年1月配信分
  • 山崎和邦の投機の流儀vol.451(1/24)
  • 山崎和邦の投機の流儀vol.450(1/17)
  • 山崎和邦の投機の流儀vol.449(1/10)
  • 山崎和邦の投機の流儀vol.448(1/3)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『山崎和邦 週報『投機の流儀』』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】2021年「日経平均4万円」に現実味。今が世界コロナバブルの初動だ=矢口新

1 2

山崎和邦 週報『投機の流儀』』より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報『投機の流儀』

[月額1,500円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
大学院教授(金融論、日本経済特殊講義)は世を忍ぶ仮の姿。その実態は投資歴54年の現役投資家。前半は野村證券で投資家の資金運用。後半は、自己資金で金融資産を構築。さらに、現在は現役投資家、かつ「研究者」として大学院で講義。2007年7月24日「日本株は大天井」、2009年3月14日「買い方にとっては絶好のバーゲンセールになる」と予言。日経平均株価を18000円でピークと予想し、7000円で買い戻せと、見通すことができた秘密は? その答えは、このメルマガ「投機の流儀」を読めば分かります。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー