fbpx

日経平均「4万円」大台に現実味。1株利益急上昇、ワクチン一般接種が焦点に=武田甲州

ワクチン接種が進めば、日経平均が4万円になっても不思議ではない

日本は残念なことに「ワクチン敗戦国」となっており、ワクチン接種率が非常に低いことが株価を抑えてきました。

欧米のワクチン先進国では、社会の正常化を推し進め、海外旅行も解禁されつつあります。日本も遅ればせながら“ワクチンこそコロナ対策の柱”ということが理解され、接種拡大に向けて「あの手この手」というようになってきました。

この流れに株価が反応し始めました。航空株やその周辺の銘柄が動き始め、トヨタや日立に大規模な投資資金が流入し、5月28日の両社の株価は過去最高値です。

日経平均の予想1株利益は過去最高の2,062円。これを基準に考えますと、PER15倍で3万930円、同じく18倍で3万7,110円、また20倍では4万1,240円です。

PERは4月末でも20倍を超えていたわけですから、日経平均株価が4万円になっても不思議ではありません。

4万円で驚くことはありません。米国のNYダウは30年で10倍以上になっています。

ですから、日経平均株価が3万円を大きく超えても驚くことはありません。それぐらいの力が日本企業についてきたと思います。

【関連】ビットコイン急落で韓国の若者らが借金地獄に。無謀な投機の裏に損失回避バイアス=栫井駿介

【関連】金相場は再び上昇、2000ドル回復は目前か。今から買いたい投資家に有効な戦略は?=江守哲

【関連】副業の勝ち組は「節税」で儲ける。サラリーマンの特権をフル活用する3つの方法=俣野成敏

image by:bumihills / Shutterstock.com

証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム』(2021年5月30日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム

[無料 週刊]
証券アナリストが投資や資産運用に役立つ経済の動きや個別銘柄を先読みあるいは深読みした情報を提供するものです。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー