fbpx

国産旅客機MRJが初飛行!三菱重工は社会インフラで成長加速、増配も=株式評論家・信濃川

三菱重工業<7011>子会社の三菱航空機は11月11日、国産小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の初飛行に成功しました。YS11以来およそ半世紀ぶりの国産旅客機とあって市場の注目度は高く、11日前場の三菱重工は641.5円まで買い進まれる場面も。そこで気になる三菱重工の事業内容、業績見通し、株価水準を株式評論家・アナリストの信濃川氏が解説します。

三菱重工業<7011> 1分足 11/11大引け時点 終値625.8円(+1.84%)(SBI証券提供)

三菱重工業<7011> 1分足 11/11大引け時点 終値625.8円(+1.84%)(SBI証券提供)

祝・MRJ初飛行成功!三菱重工業の事業、業績、株価水準を探る

再編進む「4つの事業領域」

三菱重工業<7011>(東1)は、三菱重工グループとしてのより大きなシナジーを発揮するため、700製品にわたる同社の製品を(1)エネルギー・環境、(2)交通・輸送、(3)防衛・宇宙、(4)機械・設備システムの4つのドメイン(事業領域)に再編し、それぞれ最適な事業戦略に基づいて積極的な事業展開を進めるよう、マネジメント体制の再構築を図っている。

エネルギー・環境ドメインは、火力、原子力、再生可能エネルギーなどのエネルギー分野と、水処理、排煙処理といった環境分野での最適なソリューションを提供しているほか、化学プラントといった社会インフラを始めとして三菱重工で持っている各事業・製品群のEPC(Engineering,Procurement and Construction:設計・調達・建設)機能を組み合わせ、EPCソリューションを拡大し、大規模インフラ事業、スマートコミュニティなどの新事業開発を推進している。

交通・輸送ドメインは、民間航空機、商船、交通システムなどの陸・海・空の先進的交通・輸送システムを提供する。三菱重工は「陸・海・空の交通・輸送事業」を手掛けており、それぞれの分野の技術を共有することにより、高い安全性と厳格な規制への対応や、最新技術、高品質および高信頼性を備えた製品を提供している。陸・海・空の分野において、空港や港湾などの各製品の共通するビジネスモデルを最適化し新しい事業分野の開拓を行う。

防衛・宇宙ドメインは、艦艇、防衛航空機、ロケット、特殊車両などの陸・海・空・宇宙の統合防衛システムと宇宙関連サービスを提供。防衛・宇宙の各事業分野で培ってきた技術やノウハウを融合し、我が国を代表する防衛・宇宙のシステムインテグレータとして高付加価値の製品・サービスを提供している。

機械・設備システムドメインは、製鉄機械、コンプレッサー、物流機器、空調・冷凍機器、ターボチャージャ、工作機械など、三菱重工グループの総合力を示す多彩な中量産品からプラント設備まで、国内外をリードする多種多様な事業を展開。各製品が持つ強みを最大限に引き出し、世界の国々のインフラ発展に大きな役割を果たしている。

直近の第2四半期決算と今後の業績見通し

10月30日に今2016年3月期・第2四半期決算を発表。第2四半売上高は1兆8820億6700万円(前年同期比7.0%増)、営業利益は1159億7000万円(同1.9%減)、経常利益は1118億8400万円(同12.6%減)、純利益は433億5200万円(同14.0%増)に着地した。

第2四半期の各事業領域の業績は、エネルギー・環境事業では、一部のガスタービンコンバインドサイクル用蒸気タービンの不具合対策費用の計上や、火力事業のPMIを進める上での先行費用を掛けていることなどにより減益

交通・輸送事業では、民間航空機のコスト改善や商船の船種ミックス改善等に加えて、円安効果もあり増益

防衛・宇宙事業では防衛等の増収により増益

機械・設備システム事業では、製鉄機械・フォークリフトの事業統合効果や従来事業(ターボチャージャ・冷熱等)の規模拡大により増収となったが前年同期の在外グループ会社決算期変更影響等により減益だった。

通期業績予想は、売上高が4兆2000億円(前期比5.2%増)、営業利益が3200億円(同8.1%増)、経常利益が3000億円(同9.2%増)、純利益が1300億円(同17.7%増)を見込む。年間配当は12円(同1円増)と増配を予定している。

株価の上値抵抗は24ヶ月移動平均線

株価は、6月4日につけた年初来高値805円から9月29日につけた年初来安値514.2円まで調整を挟んで10月26日高値635.5円と上昇。その後、モミ合っている。

三菱重工業<7011> 日足 11/11大引け時点(SBI証券提供)

三菱重工業<7011> 日足 11/11大引け時点(SBI証券提供)

24ヶ月移動平均線が上値抵抗線となっているが、500円どころが下値として意識されている。

三菱重工業<7011> 月足 11/11大引け時点(SBI証券提供)

三菱重工業<7011> 月足 11/11大引け時点(SBI証券提供)

11日に初飛行を成功させた国産旅客機「MRJ」のほか、仏原子力大手アレバの原子炉製造子会社アレバNPへの出資について検討を開始するもようで、今後の事業展開が注目される。中長期的な視点で押し目は買い妙味が膨らみそうだ。(株式評論家&アナリスト・信濃川)

【関連】「醤油のキッコーマン」が外国人にとって特別な日本株になった理由=若林利明

日刊株式投資情報新聞』(2015年11月11日号)より一部抜粋、再構成
※チャートと太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

日刊株式投資情報新聞

[無料 ほぼ平日刊]
「日刊株式投資情報新聞」は投資家と企業を結ぶ報道型IR支援会社の日本インタビュ新聞社が提供するインターネットの株式専門メールマガジン。当社の提供する媒体は、「日本インタビュ新聞 株式投資情報」をコアとして、「経営者紀行」、「個人投資家向け企業情報 Media-IRソリューション」と幅広い情報網を有する。こうした立体的な情報が、個人投資家に生き生きとした感動のあるニュースソースを実現している。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい