fbpx

天才投資家ソロスとテンプルトンにはNYダウ最高値更新の先がどう見える?投資哲学に奇妙な一致=栫井駿介

現在の相場環境はジョージ・ソロスの「再帰性理論」で説明できる

さて、今の相場は、テンプルトンの格言におけるどのタイミングに該当するでしょうか。

目下、一時の瞬間的な下げを乗り越えて、ダウ平均株価は史上最高値を更新しています。少なくとも「悲観」や「懐疑」でないことは明らかです。「楽観」か「幸福感」にしか議論の余地は残っていないでしょう。

NYダウ 月足(SBI証券提供)

NYダウ 月足(SBI証券提供)

群集心理で厄介なのは、株価の上昇それ自体が上昇要因となり得ることです。つまり、なぜ上がっているのかと聞かれたらその答えは「株価が上昇しているから」ということになります。今はまさにこれが起きている状態だと考えます。

「イングランド銀行を潰した男」として有名なジョージ・ソロスは、上昇が上昇を呼ぶこの動きを「再帰性」と名付けました。再帰性が続く限り、株価はどこまでも上がり続けます。

しかし、それはある時、突然転換点を迎えます。その時に投資家は現実に返り、割高すぎる株価に恐れを成すようになって、突如、売りに転じます。この際も再帰性が再現され、下落が下落を呼ぶ状況になるのです。

なお、ジョージ・ソロスは再帰性理論を唱えながら、バブルに乗るよりもその崩壊による空売りで利益を上げることを得意とします。これは、再帰性がその逆転現象を生むことを確信しているからこそかもしれません。

ジョージ・ソロスも上記のテンプルトンと同じような株価の説明を行なっています。これによると、現在は第3段階と第4段階を繰り返している局面と言えるでしょう。

<第1段階>
第一幕、つまり初期段階では、このトレンドはまだ理解されていない。

<第2段階>
続いて訪れるのが、加速段階である。その時にトレンドは理解され、市販的なバイアスによって強化される。この時点で、すでに株価は均衡水準から懸け離れてしまっている。

<第3段階>
その後、試練の段階がやって来て、株価は一時的に下落する。

<第4段階>
確立期。もしもバイアスもトレンドもこの試練を克服すれば、どちらもかつてないほど強くなり、結果的に均衡から懸け離れているはずの株価が、しっかり確立してしまう。

<第5段階>
だが、いずれは誇張された期待を、もはや現実が支えきれない正念場がやって来る。

<第6段階>
次が「黄昏(たそがれ)の期間」で、ゲームに参加し続けている者たちも、自分たちのやっていることの危うさに気づいている。

<第7段階>
とうとう転換点に到達し、トレンドは一気に下向きになり、バイアスも逆転する。

<第8段階>
その後に発生するのが「暴落(クラッシュ)」として知られる、破局的な下向きの加速だ。

――ジョージ・ソロス

出典:『ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ』(著:ジョージ・ソロス/刊:講談社)

いずれにしても、私たちがやるべきことは成長する企業を安く買うことに尽きるのですが、今マーケットがどの位置にいるかを認識しておくことは、大きな失敗を避けるためにも役に立つでしょう。


つばめ投資顧問は、本格的に長期投資に取り組みたいあなたに役立つ情報を発信しています。まずは無料メールマガジンにご登録ください。

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

【関連】アップル株は理論上「無限」に上がる?それでも気になる急落リスク…買い時は=栫井駿介

【関連】なぜバフェットは日本の商社株を買った? 素人が真似ても儲からぬ理由=栫井駿介

【関連】「自宅は資産」は幻想。住宅ローンを抱えリストラと死の宣告を待つ者たちへ=鈴木傾城

image by:GaudiLab / Shutterstock.com
1 2

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2021年7月25日号)より
※記事タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー