fbpx

アップル株は理論上「無限」に上がる?それでも気になる急落リスク…買い時は=栫井駿介

コロナ禍による経済停滞を尻目に株価は好調を維持し、米アップルはついに時価総額2兆ドルを突破。アップルの株が無限に上がるのには理由がありました。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

株価は経済を映す鏡ではなかったのか?

新型コロナウイルスによる経済停滞が続く中で、株価はなお好調を維持しています。ナスダック総合指数は過去最高値を更新し続け、代表格のAppleは史上初めて時価総額2兆ドルを突破しました。

NASDAQ 日足(SBI証券提供)

NASDAQ 日足(SBI証券提供)

APPLE INC<AALP> 日足(SBI証券提供)

APPLE INC<AALP> 日足(SBI証券提供)

このような動きに違和感を覚える人は少なくないと思います。「株価は経済を映す鏡ではなかったのか」と。

経済状況は最悪です。アメリカの4-6月期GDPはマイナス32.9%(年率)と、過去最悪を記録しました。底は脱したかもしれませんが、新型コロナウイルスのワクチンや効果的な治療薬はいまだ開発されず、感染者は増え続けています。

エコノミストの間では、以前の経済状態に戻るのは2024年までかかると言われています。人々が何かしらの行動を制限しなければならない期間は今後数年続きそうです。

そう考えると、やはり株価上昇は「おかしい」と感じます。

アップルの株価が無限に上がり続けるワケ

しかし、金融理論で考えると現在の株価上昇が「間違っている」とも言い切れません。

株式の価値は、将来キャッシュ・フローを現在の価値に割り引いたものの総和です。それは、以下のような公式で計算できます。

200824kakoi_1

例えば、今期の1株あたり利益が100円、割引率が6%、成長率が2%だとしたら、100/(0.06-0.02)=2,500円となります。この数字はPERとも近似し、この場合のPERは25倍(2,500/100)となります。

この公式をもとにすると、割引率(r)が下がるほど、分母が小さくなります。上の例で言えば、rが6%から5%になれば、100/(0.05-0.02)=3,333円、すなわちPERは33倍となります。

勘の良い方はここで気づくかもしれません。割引率は金利をベースに形成されますから、金利が下がるほど理論上のPERは上昇することになります。極端な話、割引率が成長率に近づくほど、分母はゼロに近くなり、PERは「無限大」に上昇するのです。

もっとも、ここで成長率がマイナスなら、マイナスのマイナスはプラスになりますから分母は上昇し、PERは下がります。これは、厳しい状況に置かれる昔ながらの産業に当てはまります。

しかし、成長率が今後もプラスになる可能性の高いハイテク株ならどうでしょう。上記で説明したように、割引率が下がり、「割引率-成長率」がゼロに近づくほど、PERは大きくなります。割引率は安定した企業ほど低くなりますから、Appleのような手堅く成長が予見される銘柄ほど、株価はどこまでも上昇してしまうのです。

かなり荒い説明ですが、おおよその理論はこのような形です。これを見る限り、現在の株価は「間違っていない」と言えるのです。

Next: アップル株は理論上「無限大」に上昇?実際はそうならない2つの理由

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー