fbpx

ZOZO復活の兆し?アパレル各社の「ZOZOがえり」は前澤氏不在のつまらなさを埋めるか=栫井駿介

アパレル大手のオンワードホールディングス<8016>とZOZO<3092>の業務提携が発表されました。両社が協力して、オーダーメイド・ビジネスファッションを販売していくとのことです。契機となったのは、何かとトラブルを引き起こしていた前澤社長の退任です。風雲児不在のアパレル業界とZOZOの今後を考えます。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

アパレル業界を馬鹿にした前澤氏

オンワードはかつてZOZOタウンに出店していましたが、2018年末に撤退していました。きっかけはZOZOがはじめた「ZOZOアリガト」サービスです。出店者に無断で割引販売を行ったのです。

これにオンワードをはじめとするアパレル各社は反発しました。アパレルは価格を下げないことでその価値を維持していますから、勝手な値下げは死活問題です。オンワードだけでなく、ライトオンやミキハウス、ゴールドウィンなども撤退を決めました。

極めつけが、前澤社長(当時)のTwitter上での「失言」です。

「いまお店で約1万円くらいで売られている洋服の原価がだいたい2000~3000円くらいだということを、皆さんはご存知ですか?」

「どうせ少し時間がたてばセールになるので、洋服を定価で買うのは馬鹿らしいと思う」

「自分が定価で買った洋服が、あとあとセールで安く売られているのを見たときの気持ちは?」

上記のような発言が反感を買い、Twitterの「一時休止」に追い込まれました。

アパレル各社はZOZOにとっての顧客です。そこの製品を「定価で買うのが馬鹿らしい」とこき下ろしたのです。ビルのオーナーがテナントの商品を馬鹿にするようなもので、前澤氏が彼らを「ダシ」に私服を肥やしたと考えると腹が立って当然です。

このような思想が根底にあったからこそ、「ZOZOアリガト」のような反発を招く施策を行ったとも考えられます。

「ZOZOアリガト」「Twitter失言」により、離反したブランドの復帰は絶望的にも見えました。

前澤氏なきZOZOは「与しやすい」

状況を変化させたのが、前澤氏の突然の退任でした。2019年9月、Zホールディングス(ヤフー)<4689>が前澤氏の持つZOZOの株式を買い取り、同社を子会社化することを発表したのです。同時に、前澤氏の退任も発表されました。

それまでZOZOの経営のみならず、女優との交際や御殿の購入、宇宙旅行計画などで公私ともに世間を賑わせた同氏でしたが、その退任まで「破天荒」だったのです。

一旦は退任しながら舞い戻ってくる経営者が多い中で、前澤氏はスパッと経営から身を引いたことには好感が持てます。破天荒な彼にとって、上場企業の社長という肩書は単なる足かせにすぎなかったのかもしれません。

社長の言動により良くも悪くも注目されがちなZOZOでしたが、これにより「普通の会社」としての道を歩むことになりました。

その象徴的な出来事が、今回のオンワードとの提携でしょう。前澤氏は退任し、「ZOZOアリガト」も終了しました。オンワードの保元社長とZOZOの澤田社長は旧知の仲ということで、提携も進みやすかったことでしょう。

前澤氏という「爆弾」がいなくなった今、業界にフレンドリーな立場を取ることでZOZOは安定した成長軌道に乗ったように見えます。

Next: 一方のオンワードですが、会社は存亡の危機に立たされています――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー