fbpx

東京五輪「中止」で確定していた? 安倍首相「完全な形で開催」発言が持つ裏の意味

コロナ感染者が再び増加している今、バッハIOC会長が東京五輪延期宣言を出すのを待って、安倍首相が放った一言を思い出してください。「東京オリンピックを完全な形で開催する決意を固めた」と言いました。裏を返せば、「完全な形で開催できなければ、東京オリンピックは中止になる」と言ったのです。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2020年7月17日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

すでにコロナ感染拡大「第2波」か

新型コロナウイルスの緊急事態宣言解除直後から、東京を中心に各地でクラスター感染が猛威を振るうようになりました。

連日3桁の新規感染者を出している東京都の小池都知事は、第2波を警戒して「PCR検査数を増やしたからだ」とのたまわっています。

しかし、データをしっかり読み込めば誰でも分かるように、これもまた「大嘘」で、PCR検査数の集計方法を変更したに過ぎないのです。

つまり、感染してしまったのではないかと心配になって、検査をしてほしいと保健所や病院にかけあっても、東京都は、これまで医療崩壊を恐れて追い返していましたが、それは、今でも同じであるということです。

むしろ今回は、お年寄りより20歳代〜30歳代の若者が感染拡大の中心になっていることから、対策が後手後手に回ると、以前よりいっそう深刻な事態に陥ることが予想されます。

「東京2020オリンピック」実現可能という詐欺

この背景には「2021年の幻の東京オリンピック」が、あたかも実現可能であるかのように装いながら、経済界の投資意欲を削がないようにしようという東京都と政府(主に経済産業省)の「詐欺」があるのです。

バッハIOC会長が東京オリンピック延期宣言を出すのを待って、安倍首相が放った一言を思い出してください。

「東京オリンピックを完全な形で開催する決意を固めた」と言いました。裏を返せば、「完全な形で開催できなければ、東京オリンピックは中止になる」と言ったのです。
※参考:安倍首相「東京五輪を完全な形で開催」- 日テレNEWS24(2020年5月29日)

その後、姑息にも、またまた「完全な形の定義を修正」してきました。安倍官邸ならではの得意技です。
※参考:政府、「完全な形」の定義修正 東京五輪簡素化に合わせ – 時事ドットコム(2020年6月12日配信)

ですから、この時点で「中止」は確定したのです。

Next: 政府は、今までどんな目標を掲げてきたのでしょう。目玉は、「東京オリン――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー