fbpx

コロナ危機が金持ち父さんと貧乏父さんの分かれ道に。貧乏父さんが貧乏のままのワケ=花輪陽子

コロナ感染拡大から数カ月が経過し、金持ち父さんと貧乏父さんの資産格差が顕著になってきました。考え方と行動にどんな違いがあるのか?コロナの時代を生き抜く術を考えます。(『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』花輪陽子)

【関連】天才投資家ジム・ロジャーズが警告「次の金融崩壊が私の人生で最も大きなものになる」=花輪陽子

※有料メルマガ『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:花輪陽子(はなわ ようこ)
外資系投資銀行を経てFPに。2015年からシンガポールに移住。ジム・ロジャーズ著『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』(講談社+α新書)をインタビュー監修。『シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)『夫婦で貯める1億円!』(ダイヤモンド社)など著書多数。「ホンマでっか!?TV」「有吉ゼミ」などテレビ出演や講演経験も多数。

お金持ちは、お金を増やすを努力を惜しまない

私の周りには、資産ゼロからスタートして30代で資産10億円以上を作った金持ち父さんたちがいます。

その中には投資銀行時代の同僚などもいるのですが、新人時代から海外のビジネス誌を読んだり、朝5時出社などをして情報収集をするなどコツコツと努力をして部長や役員に上り詰めた者もいます。

同時に節税対策も兼ねて、事業や不動産投資をしている人が多かったです。なぜ、事業や不動産投資をするかというと、給与所得と損益通算ができるのは事業所得や不動産所得など限られているからです。

外資系の投資銀行は、ベースで年収3,000万円程度の収入となる会社もあります。それに加えてボーナスや出来高があるので、億プレーヤーも出るのです。

当然、所得税・住民税は何もしないと55%かかります。

そのために皆、血眼になって節税方法を探すわけです。個人では禁じ手となったアメリカ不動産に投資をして、減価償却で節税をするスキームも10年前などいち早くやって、すでにイグジットしているなどです。

多くの人が不動産を経営する会社も作るなど、工夫をしています。税理士なども別途雇っています。会社全体で高収入の人が多いので、同僚同士で情報もシェアをするのです。

「学校の成績」と「人生の成功」は直結しない

『残酷すぎる成功法則』(著:エリック・パーカー/訳:橘玲監)でも、成功とは決してエリートコースとはイコールではないと書かれています。むしろ欠点と強みの二面性を持つ場合が多いのです。

成功をしてシンガポールに来ている経営者の多くもそれほどパッとする学歴ではない場合も多いです。それは学校の成績と実社会での大成功とはイコールではないということが分かるでしょう。

金融で成功した人の多くはややサイコパシー性の高さを感じますが、利己的であるがゆえに効率の悪いことは避け、集中をして稼ぐことができてきたのだとも言えます。

テレビなどメディアに出るようになると、疎遠だった人からいきなり連絡をもらうことがありました。それくらい悪い意味でも付き合う人を選び、態度を変えている人も多いのです。

金持ち父さんたちはコロナ下でもまったく影響を受けずに、より良いポジションで転職をしているなど抜け目がないです。また、資産運用でも下落時に1年分の収入を稼いだという人もいました。

Next: これに対して、もうすぐ定年前なのに貯金ゼロという貧乏父さんも多いもの――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー